「遠く遠く」の魅力を再発見

スポンサーリンク

「遠く遠く」の魅力を再発見

遠く遠くとは。

* 「遠く遠く」は槙原敬之による日本のポピュラーソングです。この曲は、1992 年に発売されたアルバム「君は僕の宝物」に収録されています。2006 年に発売されたアルバム「LIFEINDOWNTOWN」には、この曲のセルフカバーバージョン「遠く遠く~’06 ヴァージョン」が収録されています。この曲は、NTT 東日本のCM に起用されました。

槙原敬之の代表曲「遠く遠く」

槙原敬之の代表曲「遠く遠く」

-槙原敬之の代表曲「遠く遠く」-

槙原敬之の代表曲「遠く遠く」は、1992年にリリースされたアルバム「どんなときも。」に収録され、その後シングルカットされた曲です。この曲は、槙原敬之の伸びやかなボーカルと、心温まる歌詞が特徴のミディアムバラードです。

「遠く遠く」の歌詞は、離れ離れになって暮らす恋人たちを描いたもので、恋人への想いを歌い上げた切ないラブソングとなっています。この曲は、リリース当時から多くの人々に支持され、現在でも人気のある曲として知られています。

「遠く遠く」は、槙原敬之のライブでも定番の曲であり、多くのファンに愛されています。この曲は、槙原敬之の代表曲として、これからも多くの人々に歌い継がれていくことでしょう。

「遠く遠く」の歌詞とメロディーの魅力

「遠く遠く」の歌詞とメロディーの魅力

「遠く遠く」は、1972年にリリースされた美空ひばりの楽曲です。オリコンチャートでは、最高位2位を記録し、110万枚の売り上げを記録しました。この曲は、美空ひばりの代表曲のひとつであり、現在でも多くの人々に愛されています。

「遠く遠く」の歌詞は、故郷を離れて遠くの地で暮らす人々の心情を歌っています。歌詞の中には、「故郷を離れて暮らす人の寂しさ」や「故郷への憧れ」などが表現されています。また、歌詞には「希望」や「前向きな気持ち」も表現されており、故郷を離れて暮らす人々にエールを送っています。

「遠く遠く」のメロディーは、穏やかで優しいメロディーです。メロディーは、故郷を離れて暮らす人々の心情を表現しており、聴く人の心に染み渡ります。また、メロディーは、希望や前向きな気持ちも表現されており、故郷を離れて暮らす人々にエールを送っています。

「遠く遠く」は、歌詞とメロディーの魅力が詰まった楽曲です。この曲は、故郷を離れて暮らす人々の心情を歌っており、聴く人の心に染み渡ります。また、この曲は、希望や前向きな気持ちも表現されており、故郷を離れて暮らす人々にエールを送っています。

「遠く遠く」のセルフカバーバージョン

「遠く遠く」のセルフカバーバージョン

「遠く遠く」のセルフカバーバージョン

「遠く遠く」は、1972年に発表されたはっぴいえんどの代表曲のひとつだ。その美しいメロディと、都会生活の孤独や不安を歌った歌詞は、多くの人の共感を呼んだ。そして、この曲はその後、多くのアーティストによってカバーされている。

「遠く遠く」のセルフカバーバージョンの中で、特に有名なのが、1993年に発表された鈴木茂のバージョンだ。鈴木茂は、はっぴいえんどのメンバーであり、「遠く遠く」のオリジナルバージョンにも参加している。彼のセルフカバーバージョンは、オリジナルバージョンよりもテンポが遅く、よりしっとりとした雰囲気になっている。鈴木茂のボーカルも、オリジナルバージョンよりも落ち着いたものになっており、曲の持つ切なさをより強く表現している。

「遠く遠く」のセルフカバーバージョンは、他にも数多く存在する。例えば、1996年に発表された大貫妙子のバージョンは、ジャズ調のアレンジが特徴的だ。また、2002年に発表された矢野顕子のバージョンは、ボサノバ調のアレンジが特徴的である。これらのセルフカバーバージョンは、それぞれが異なる魅力を持っており、「遠く遠く」という曲の多様性を示している。

「遠く遠く」のセルフカバーバージョンは、オリジナルバージョンとは異なる魅力を持っており、多くの人の支持を得ている。これらのセルフカバーバージョンは、新しい世代の人々に「遠く遠く」という名曲を改めて知ってもらうきっかけにもなっている。

タイトルとURLをコピーしました