永山裁判から考える死刑の基準

スポンサーリンク

永山裁判から考える死刑の基準

死刑の基準「永山裁判」が遺したものとは。

堀川惠子の著作「死刑の基準「永山裁判」が遺したものとは」。2009年に刊行され、2010年に第32回講談社ノンフィクション賞を受賞した作品である。

永山裁判とは?

永山裁判とは?

-永山裁判とは?-

永山裁判とは、1968年に最高裁が死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した裁判である。この裁判は、死刑の基準を厳格化し、死刑の適用を限定する上で重要な意味を持っている。

永山裁判の被告人は、18歳のときに強盗殺人事件を起こし、死刑判決を受けた。しかし、最高裁は被告人の犯行当時が18歳であったことや、被告人が犯行に至るまでの経緯に酌量すべき事情があったことなどを考慮し、死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡した。

永山裁判の判決は、死刑の適用を限定する上で重要な意味を持っている。永山裁判以降、死刑判決は慎重に判断され、死刑が適用されるケースは減少している。また、永山裁判は、死刑の基準を厳格化し、死刑の適用を限定する上で重要な意味を持っている。永山裁判以降、死刑判決は慎重に判断され、死刑が適用されるケースは減少している。

死刑の基準としての永山裁判

死刑の基準としての永山裁判

永山裁判は、1960年代に日本を震撼させた連続殺人事件である。この裁判は、死刑制度の是非や、死刑の基準について大きな議論を巻き起こした。

永山則夫は、1960年代に4人の女性を殺害し、死刑判決を受けた。永山は、一審で死刑を宣告されたが、二審では無期懲役に減刑された。しかし、最高裁は二審の判決を破棄し、永山に死刑を言い渡した。

永山裁判は、死刑制度の是非について大きな議論を巻き起こした。永山は、犯行当時心神喪失状態であり、死刑を宣告するのは酷であるという意見があった。また、永山は、犯行後に反省しており、更生の可能性があるため、死刑を宣告するのは適切ではないという意見もあった。

一方、永山は、4人の女性を殺害した凶悪犯であり、死刑を宣告するのは当然であるという意見もあった。また、永山が更生する可能性は低く、社会復帰を許せば再び凶悪な犯罪を犯す可能性があるため、死刑を宣告するのは必要であるという意見もあった。

永山裁判は、死刑の基準についても大きな議論を巻き起こした。永山は、犯行当時心神喪失状態であり、死刑を宣告するのは酷であるという意見があった。また、永山は、犯行後に反省しており、更生の可能性があるため、死刑を宣告するのは適切ではないという意見もあった。

一方、永山は、4人の女性を殺害した凶悪犯であり、死刑を宣告するのは当然であるという意見もあった。また、永山が更生する可能性は低く、社会復帰を許せば再び凶悪な犯罪を犯す可能性があるため、死刑を宣告するのは必要であるという意見もあった。

永山裁判は、死刑制度の是非や、死刑の基準について大きな議論を巻き起こした。この裁判は、死刑制度の存廃や、死刑の基準の見直しを求める動きを強めることになった。

永山裁判が遺したもの

永山裁判が遺したもの

永山裁判が遺したもの

永山裁判は、1968年に大阪で発生した連続殺人事件を契機として、死刑制度を巡る世論の関心が一気に高まり、死刑制度廃止論議が本格化した裁判である。この裁判で、最高裁判所は、無期懲役刑の被告人に対して死刑を宣告することは違憲ではないとする判決を下した。この判決は、死刑制度の合憲性を認めたものとして、大きな衝撃を与えた。

しかし、永山裁判は、死刑制度を巡る世論の関心を高めただけでなく、死刑の基準についても大きな影響を与えた。最高裁判所は、永山裁判で、死刑を宣告するには、以下の3つの要件が満たされている必要があるとした。

1. 犯行の残虐性、結果の重大性、動機・態様、犯人の性格・経歴などが総合的に考慮して、死刑が「やむを得ない」と認められること。
2. 被告人の更生可能性が著しく低いこと。
3. 被害者遺族の感情に照らして死刑が相当であること。

この3つの要件は、死刑の基準として、現在でも重要な位置を占めている。永山裁判は、死刑制度の合憲性を認めただけでなく、死刑の基準についても大きな影響を与えたのである。

タイトルとURLをコピーしました