映画「アッシャー家の惨劇」のレビュー

スポンサーリンク

映画「アッシャー家の惨劇」のレビュー

アッシャー家の惨劇とは。

1960年に製作されたアメリカ映画「アッシャー家の惨劇」は、エドガー・アラン・ポーの小説「アッシャー家の崩壊」を原作とした映画です。監督はロジャー・コーマンです。

ストーリー紹介

ストーリー紹介

「ストーリー紹介」

「アッシャー家の惨劇」は、エドガー・アラン・ポーの短編小説「アッシャー家の崩壊」を原作とした、1960年の映画です。映画は、主人公のロデリック・アッシャーが住む屋敷を訪れた語り手が、屋敷に隠された恐ろしい秘密を知っていくというストーリーです。

屋敷に到着した語り手は、ロデリックと彼の妹マデリンに迎えられます。ロデリックは病弱で神経質な男で、マデリンは美しいが病に冒された女性です。屋敷は荒れ果てており、どこか不気味な雰囲気があります。

語り手は屋敷に滞在中に、ロデリックとマデリンの間に不穏な関係があることを感じ始めます。ロデリックはマデリンを異常なまでに愛しており、マデリンはロデリックの愛情に苦しんでいます。また、屋敷にはマデリンの死体が埋葬されている地下室があり、その地下室から不気味な音が聞こえてきます。

ある日、マデリンが突然死亡します。ロデリックはマデリンの死体を地下室に埋葬し、その直後に屋敷は崩壊します。語り手はなんとか屋敷から脱出しますが、ロデリックとマデリンの悲劇を目撃することになります。

キャストとスタッフ

キャストとスタッフ

キャストとスタッフ

映画「アッシャー家の惨劇」は、ゴシックホラーの巨匠エドガー・アラン・ポーの短編小説を原作とした作品です。監督はオーソン・ウェルズ、主演はヴィンセント・プライスが務めました。

オーソン・ウェルズは、俳優、映画監督、脚本家、プロデューサーとして活躍したアメリカ人です。1941年に製作した「市民ケーン」は、映画史に残る傑作として知られています。

ヴィンセント・プライスは、アメリカ出身の俳優です。ホラー映画を中心に活躍し、「アッシャー家の惨劇」以外にも「透明人間」「死霊の町」「ブラックキャット」などに出演しました。

「アッシャー家の惨劇」のキャストには、他にもマーナ・ロイ、マイケル・レッドグレイヴ、ハリー・モーガン、ジーン・クレイン、マーティン・バルサムなどが出演しています。

スタッフには、撮影監督のラッセル・メティ、美術監督のハンス・ドレイヤー、作曲家のレスリー・ブリッカスなどが参加しています。

映画の見どころ

映画の見どころ

映画の見どころ

「アッシャー家の惨劇」は、エドガー・アラン・ポーの同名小説を基にしたミステリー・ホラー映画である。物語は、アッシャー家の広大な屋敷に招かれた若き画家、ロデリックが、そこに隠された恐るべき秘密を解き明かしていくというものである。

映画の見どころの一つは、その美しい映像である。屋敷のゴシック様式の建築や、森林の薄暗い雰囲気など、映像の美しさは映画のストーリーをより一層引き立てている。また、映画の音楽も非常によく、映画の雰囲気を盛り上げている。

もう一つの見どころは、その予測不可能なストーリー展開である。映画の序盤では、アッシャー家の秘密が何であるか全く予想できず、ストーリーが進むにつれて様々な謎が明らかになっていく。映画のラストには、衝撃の展開が待っているが、それは観客の想像をはるかに超えるものである。

「アッシャー家の惨劇」は、エドガー・アラン・ポーの小説を忠実に再現したミステリー・ホラー映画である。美しい映像と予測不可能なストーリー展開で、観客を最後まで飽きさせない作品となっている。

タイトルとURLをコピーしました