「黒い国から来た女」のリチャード・スタークとは

スポンサーリンク

「黒い国から来た女」のリチャード・スタークとは

黒い国から来た女とは。

「黒い国から来た女」は、リチャード・スターク(ドナルド・E・ウェストレイクの変名)が1969年に発表した小説です。シリーズタイトルは、「アラン・グロフィールド」シリーズ。原題は「ザ・ブラックバード」。

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズとは何か

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズとは何か

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズとは、リチャード・スタークによって書かれた6つの犯罪小説のシリーズであり、1963年からの7年間で発行されました。このシリーズは、物議を醸す主人公アラン・グロフィールドを中心に展開しています。アラン・グロフィールドは、主に中西部で銀行や企業を襲う高学歴の強盗です。

スタークは、グロフィールドを多面的で同情的なキャラクターとして描いたことで賞賛されました。グロフィールドは、強盗や強奪の行為を犯す冷酷な犯罪者ではありますが、同時に知性とユーモアのある魅力的な人物でもあります。このシリーズは、犯罪と刑罰、富と貧困、成功と失敗のテーマを深く掘り下げており、スタークの最も有名な作品の一つとされています。

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、映画やテレビに何度も脚色されています。最も有名な映画化は、1967年にポール・ニューマン主演で公開された「暴力脱走」です。この映画は、批評家や観客から絶賛され、スタークにとって最も成功した映画となりました。

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、犯罪小説の傑作として広く考えられています。このシリーズは、スタークの鋭い洞察力とストーリーテリングの才能を遺憾なく発揮した作品であり、犯罪小説ファンに長く読み継がれる作品となるでしょう。

リチャード・スターク(ドナルド・E・ウェストレイク)について

リチャード・スターク(ドナルド・E・ウェストレイク)について

リチャード・スタークは、1933年6月14日にアメリカ合衆国のブルックリンで生まれた作家です。本名はドナルド・E・ウェストレイクといい、1962年に「黒い国から来た女」を出版して作家デビューを果たしました。

スタークは、ハードボイルド小説やサスペンス小説を主に執筆し、日本では特に「パーカーシリーズ」が人気です。パーカーシリーズは、裏社会で活躍する私立探偵パーカーを主人公とした作品で、そのハードボイルドな作風と主人公パーカーの魅力が多くの読者を魅了しました。

スタークは、パーカーシリーズ以外にも、「The Hot Rock」や「The Hunter」などの作品を執筆し、その作品は世界各国で翻訳されています。日本では、2001年に没するまで執筆を続け、その作品は現在でも多くの読者に愛されています。

「黒い国から来た女」の原題は?

「黒い国から来た女」の原題は?

「黒い国から来た女」の原題は、「Stark Fear」です。「黒い国から来た女」は、1963年に発表されたリチャード・スタークのハードボイルド小説です。主人公は、私立探偵のパーカーです。パーカーは、ある日、美しい女性から依頼を受けます。その依頼とは、彼女を殺そうとしている男を見つけ出すことです。パーカーは、調査を開始しますが、やがて、この事件が単なる殺人事件ではないことに気づきます。この事件の背後には、巨大な陰謀が隠されているのです。パーカーは、この陰謀を暴き、依頼人を守ることができるのでしょうか?

「Stark Fear」という原題は、パーカーの性格を表現しています。パーカーは、冷酷で無慈悲な私立探偵です。彼は、依頼人のためにどんなことでもします。たとえ、それが違法なことでもです。パーカーは、まさに「恐怖」そのものです。この小説は、ハードボイルド小説の傑作として知られています。リチャード・スタークの代表作であり、世界中で翻訳されています。

タイトルとURLをコピーしました