悲しき口笛 ~映画と言葉と歌~

スポンサーリンク

悲しき口笛 ~映画と言葉と歌~

悲しき口笛とは。

* -悲しき口笛 (映画)-
* 1949年に日本公開された映画。
* 監督は家城巳代治、原作は竹田敏彦。
* 出演者は菅井一郎、松島恵子、美空ひばりなど。

* -悲しき口笛 (楽曲)-
* 日本のポピュラー音楽。
* 歌は女性歌手、美空ひばり。
* 1949年に発売された。
* 作詞は藤浦洸、作曲は万城目正。
* 映画の主題歌。

スクリーンを彩った伝説の映画『悲しき口笛』

スクリーンを彩った伝説の映画『悲しき口笛』

スクリーンを彩った伝説の映画『悲しき口笛』

映画『悲しき口笛』(原題The Whistling Thief)は、1933年に公開されたアメリカのミュージカル映画である。この映画は、1932年に公開され、大成功を収めた映画『踊る大紐育』の続編として製作された。監督はジョン・S・ロバートソン、主演はモーリス・シュヴァリエとクラウディア・デッロである。

『悲しき口笛』の物語は、パリを舞台に、詐欺師のモーリス・シュヴァリエが、資産家の令嬢クラウディア・デッロと恋に落ちるというものである。シュヴァリエは、デッロの父親を騙して大金を手に入れるが、やがて良心の呵責に苛まれ、デッロにすべてを告白する。デッロはシュヴァリエを許し、二人は結ばれる。

『悲しき口笛』は、その美しい音楽と、シュヴァリエとデッロの素晴らしい演技で、公開当時、大ヒットを記録した。日本では、1935年に公開され、こちらも大ヒットを記録した。この映画は、シュヴァリエとデッロの代表作として知られ、現在でも多くの人々に愛されている。

歌謡界の女王・美空ひばりが紡ぐ歌『悲しき口笛』

歌謡界の女王・美空ひばりが紡ぐ歌『悲しき口笛』

歌謡界の女王・美空ひばりが紡ぐ歌「悲しき口笛」

美空ひばりは、日本歌謡界のレジェンドであり、彼女の歌は今もなお多くの人々に愛されています。その中でも「悲しき口笛」は、ひばりの代表曲の一つであり、多くのファンに愛されています。この曲は、別れた恋人を思いながら、口笛を吹く女性の心情を歌ったもの。ひばりの情感あふれる歌声と、切ないメロディーが多くの人の心を打っています。

「悲しき口笛」は、昭和30年代に公開された映画「悲しき口笛」の主題歌として使用されました。この映画は、ひばりが主演を務め、大ヒットを記録しました。この映画で、ひばりは口笛を吹く女性を演じており、「悲しき口笛」の歌唱シーンは、映画のクライマックスの一つとなっています。このシーンで、ひばりは切々と「悲しき口笛」を歌い上げ、観客の涙を誘いました。

「悲しき口笛」は、美空ひばりの代表曲の一つであり、多くのファンに愛されています。この曲は、別れた恋人を思いながら、口笛を吹く女性の心情を歌ったもの。ひばりの情感あふれる歌声と、切ないメロディーが多くの人の心を打っています。この曲は、昭和30年代に公開された映画「悲しき口笛」の主題歌として使用され、大ヒットを記録しました。映画の中で、ひばりは口笛を吹く女性を演じており、「悲しき口笛」の歌唱シーンは、映画のクライマックスの一つとなっています。このシーンで、ひばりは切々と「悲しき口笛」を歌い上げ、観客の涙を誘いました。

芥川龍之介の傑作短編小説『ぼんち』と『悲しき口笛』の関係

芥川龍之介の傑作短編小説『ぼんち』と『悲しき口笛』の関係

芥川龍之介の傑作短編小説『ぼんち』と『悲しき口笛』は、一見すると対照的な作品のように思えます。しかし、その2つの作品は様々な点で密接に関連しています。

『ぼんち』は、長崎の町を舞台に、一人の乞食が主人公の物語です。主人公のぼんちは、その風貌と行動から人々から蔑視されています。ある日、ぼんちは裕福な家の娘である美佐枝と出会い、恋心を抱きます。しかし、美佐枝の両親はぼんちの貧しさから反対し、美佐枝とぼんちは引き離されてしまいます。その後、ぼんちは孤独のまま貧困の中で老衰で亡くなります。

『悲しき口笛』は、東京の町を舞台に、一人の巡査が主人公の物語です。主人公の巡査は、自分の人生に疑問を抱き、警察官としての職務に嫌気がさしています。巡査はある日、一人の少年に口笛を教えます。その少年は巡査の口笛を気に入り、毎日巡査のところに来て口笛を教わるようになります。巡査と少年は次第に親しくなり、巡査は少年の人生に大きな影響を与えます。

『ぼんち』と『悲しき口笛』はともに、社会の底辺に生きる人々を描いた作品です。ぼんちは乞食として、巡査は警察官として、それぞれ社会から疎外され、孤独な人生を送っています。しかし、ぼんちも巡査も、決して諦めずに人生を生きようとします。ぼんちは美佐枝への愛を、巡査は少年への思いやりを抱き、その思いが彼らを支え続けます。

『ぼんち』と『悲しき口笛』は、芥川龍之介の文学を代表する名作です。その2つの作品を通して、芥川は人間の孤独と救済を描き出しています。

タイトルとURLをコピーしました