日本女侠伝 真赤な度胸花

スポンサーリンク

日本女侠伝 真赤な度胸花

日本女侠伝 真赤な度胸花とは。

1970年に公開された日本映画で、降旗康男が監督、笠原和夫が脚本、古谷伸が撮影を務めた作品です。藤純子、小沢栄太郎、石山健二郎、山本麟一、小松方正、五十嵐義弘、高倉健などの俳優が出演しています。

映画紹介

映画紹介

「日本女侠伝 真赤な度胸花」は、1970年に公開された日本の映画です。監督は小沢茂弘、主演は宮園純子です。東映京都撮影所が製作し、東映が配給しました。

この映画は、昭和30年代の大阪を舞台に、女侠客の渡世を扱った任侠映画です。宮園純子演じる女侠客の竜子は、幼い頃に両親を亡くし、ヤクザの組長に引き取られます。竜子は、組長の娘として育てられ、ヤクザの世界で生きていくことになります。

しかし、竜子はヤクザの世界に嫌気がさし、組を離れてしまいます。竜子は、その後、女侠客として生きることを決意し、様々な事件に巻き込まれていきます。

この映画は、女侠客の生きざまをリアルに描いた作品として評価されています。宮園純子演じる竜子は、男勝りの強さと、女としての優しさを兼ね備えた魅力的なキャラクターです。また、この映画には、数多くの名優が出演しており、その演技も見どころの一つです。

あらすじ

あらすじ

「あらすじ」

日本女侠伝 真赤な度胸花は、石田常雄監督によって1959年に公開された日本の任侠映画である。

主人公は、女侠客のお銀。彼女は、ある日、ヤクザの男に襲われていたところを、通りすがりの男に助けられる。その男は、やくざに追われていた赤松五郎という男だった。

赤松は、かつてはヤクザの世界で名を馳せた男だったが、今は足を洗って真面目に暮らしていた。しかし、かつての仲間が彼の過去を知って迫ってきて、赤松は再びヤクザの世界に巻き込まれていく。

お銀は、赤松を助けるためにヤクザと戦う。そして、赤松もまた、お銀のためにヤクザと戦う。二人は、互いに支え合いながら、ヤクザと戦い抜いていく。

そしてついに、お銀と赤松は、ヤクザを倒すことに成功する。二人は、ヤクザの世界から足を洗って、新しい人生を歩み始める。

キャスト

キャスト

「日本女侠伝 真赤な度胸花」のキャストは豪華絢爛であり、日本映画界を代表する名優が勢ぞろいしている。

主演の女侠客・お銀を演じるのは、森光子である。森光子は、日本を代表する喜劇女優であり、本作では、その持ち前の明るさと気っぷの良さを活かして、お銀というキャラクターに命を吹き込んでいる。

お銀の恋人である侠客・竜二を演じるのは、石原裕次郎である。石原裕次郎は、日本映画界のトップスターであり、本作では、その端正なルックスとクールな演技で、多くの女性ファンを虜にした。

お銀の父親である元侠客・政五郎を演じるのは、三船敏郎である。三船敏郎は、日本映画界を代表する名優であり、本作では、その重厚な演技で、政五郎というキャラクターに深みを与えている。

お銀の敵対者であるやくざの親分・松五郎を演じるのは、東野英治郎である。東野英治郎は、日本映画界を代表する悪役俳優であり、本作では、その迫力ある演技で、松五郎というキャラクターに圧倒的な存在感を与えている。

このほか、本作には、丹波哲郎、藤純子、中村玉緒など、日本映画界を代表する名優たちが多数出演している。

タイトルとURLをコピーしました