散るぞ悲しき硫黄島総指揮官

スポンサーリンク

散るぞ悲しき硫黄島総指揮官

散るぞ悲しき硫黄島総指揮官・栗林忠道とは。

梯久美子が硫黄島の戦いでの総指揮官であった栗林忠道についての著作「散るぞ悲しき硫黄島―総指揮官・栗林忠道」を2005年に刊行し、翌2006年に第37回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

著者の梯久美子

著者の梯久美子

著者の梯久美子

梯久美子は、1980年に『散るぞ悲しき硫黄島総指揮官』を上梓したジャーナリストである。彼女は、硫黄島の戦いで亡くなった栗林中将の生涯をたどり、その生きざまを描き出した。

梯は、1928年に東京で生まれた。1951年に早稲田大学を卒業し、新聞記者となった。その後、フリーランスのジャーナリストとして活動し、主に戦争や平和の問題をテーマに執筆した。

梯は、硫黄島の戦いに興味を持ち、1970年代から栗林中将の足跡を調査し始めた。彼女は、栗林中将の遺族や戦友にインタビューを行い、硫黄島の戦いの詳細を明らかにした。

梯は、『散るぞ悲しき硫黄島総指揮官』の中で、栗林中将を「武人の鑑」と評している。彼女は、栗林中将が、硫黄島の戦いで圧倒的な米軍に対して、最後まで戦い抜いたことを称賛している。

梯の著書は、硫黄島の戦いの真実を明らかにし、栗林中将の生きざまを世に知らしめることに貢献した。彼女の著書は、今日でも多くの人々に読まれ、日本の戦争史を学ぶ上で貴重な資料となっている。

受賞歴

受賞歴

「散るぞ悲しき硫黄島総指揮官」は、1961 年に公開された日本の戦争映画です。栗林忠道中将の硫黄島での戦いを描いています。この映画は、戦争の悲惨さと平和の大切さを訴えています。

映画は、栗林中将が硫黄島に到着するところから始まります。栗林中将は、硫黄島守備隊の指揮官として、米軍の侵攻に備えます。米軍は、硫黄島に上陸し、栗林中将率いる守備隊と激戦を繰り広げます。守備隊は、米軍の圧倒的な兵力と物量に苦戦を強いられますが、栗林中将の指揮の下、最後まで戦い抜きます。

栗林中将は、硫黄島の戦いで戦死します。しかし、彼の勇気と決意は、多くの人々に感動を与えました。「散るぞ悲しき硫黄島総指揮官」は、栗林中将の功績を称える映画として、高い評価を受けています。

「散るぞ悲しき硫黄島総指揮官」は、多数の賞を受賞しています。主な受賞歴は以下の通りです。

* 第16回アカデミー賞名誉賞
* 第35回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・テン第1位
* 第16回毎日映画コンクール日本映画大賞
* 第15回ブルーリボン賞作品賞
* 第15回ブルーリボン賞主演男優賞(三船敏郎)
* 第15回ブルーリボン賞監督賞(岡本喜八)

内容

内容

「散るぞ悲しき硫黄島総指揮官」という大見出しの下に作られた小見出しの「内容」は、硫黄島守備隊の総指揮官である栗林忠道中将が、アメリカ軍の圧倒的な攻撃にさらされながらも、最後まで戦い抜き、壮絶な戦死を遂げたというものである。

栗林中将は、硫黄島を守るために、巧みな戦術と周到な準備でアメリカ軍を迎え撃った。しかし、アメリカ軍は圧倒的な物量と火力で硫黄島を攻撃し、栗林中将率いる守備隊は次第に追い込まれていった。

それでも、栗林中将は最後まで諦めず、部下たちを鼓舞しながら戦い続けた。そして、ついにアメリカ軍が硫黄島に上陸してくると、栗林中将は自ら先頭に立って反撃を指揮した。しかし、アメリカ軍の猛攻の前に、守備隊は次第に追い詰められていった。

ついに、栗林中将は洞窟に追い込まれ、そこで部下たちとともに壮絶な戦死を遂げた。栗林中将の死によって、硫黄島の戦いは終結した。

栗林中将は、最後まで戦い抜いたその武勇と、部下たちへの深い愛情で、多くの人々に敬愛されている。彼の戦死は、太平洋戦争における日本軍の最後の栄光の一つであり、今日でも語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました