1968年公開の日本映画『スクラップ集団』

スポンサーリンク

1968年公開の日本映画『スクラップ集団』

スクラップ集団とは。

「スクラップ集団」は、田坂具隆監督、野坂昭如原作、鈴木尚之脚色、小杉正雄撮影による、1968年公開の日本映画です。出演は、渥美清、露口茂、小沢昭一、三木のり平、奈美悦子、笠智衆、瀧花久子などです。

映画『スクラップ集団』の概要

映画『スクラップ集団』の概要

– 映画『スクラップ集団』の概要

映画『スクラップ集団』は、1968年に公開された日本映画である。監督は降旗康男、脚本は西河克己、主演は仲代達矢と岩下志麻である。

太平洋戦争末期の1945年、東京の工場街に暮らす人々の姿を描いた戦争ドラマである。主人公は、戦時下で工場で働きながら生活している若者たちである。彼らは、空襲の恐怖に怯えながらも、懸命に生き抜こうとする。

映画は、戦時中の庶民の生活をリアルに描いている。工場での過酷な労働、空襲の恐怖、食糧不足など、当時の庶民の暮らしぶりを克明に描写している。また、若者たちの恋や友情、家族の絆など、人間ドラマも丁寧に描いている。

映画は、戦時中の庶民の生活をリアルに描いたことで高く評価され、多くの賞を受賞した。また、映画公開後には、太平洋戦争を題材にした映画が数多く製作されるようになった。

映画『スクラップ集団』の評価

映画『スクラップ集団』の評価

映画『スクラップ集団』は、1968年の日本映画。監督は鈴木清順、脚本は笠原和夫、主演は田中邦衛。

映画『スクラップ集団』は、公開当時から賛否両論の評価を受けた。ある批評家は「鈴木清順監督の最高傑作のひとつであり、彼の傑出した映画的才能を存分に発揮した作品である」と絶賛した一方で、別の批評家は「ストーリーが支離滅裂で、鈴木清順監督のいつもの悪ふざけが過ぎる」と酷評した。

映画『スクラップ集団』は、その実験的な作風と奇抜な映像美で、一部の映画ファンから熱狂的に支持された。また、映画『スクラップ集団』は、海外の映画祭でも高い評価を受け、数々の賞を受賞した。

映画『スクラップ集団』は、賛否両論の評価を受けながらも、日本映画史における重要な作品のひとつとして位置づけられている。鈴木清順監督の代表作であり、多くの映画ファンから愛される作品である。

映画『スクラップ集団』の関連作品

映画『スクラップ集団』の関連作品

映画『スクラップ集団』の関連作品

1968年公開の日本映画『スクラップ集団』は、ヤクザが運営する暴力団事務所にスクラップグループが押し入り、鉄くずを盗むというストーリーの任侠コメディ映画です。監督は、ヤクザ映画や任侠コメディ映画を数多く手がけた村山新治です。

『スクラップ集団』には、関連作品として、1969年公開の『続・スクラップ集団』と、1970年公開の『新・スクラップ集団』があります。どちらの作品も、村山新治が監督を務めており、主演は『スクラップ集団』と同じく松原智恵子と鶴田浩二です。

『スクラップ集団』の関連作品には、他にも『ヤングピープル・スクラップ集団』という映画があります。この作品は、1970年に公開された『スクラップ集団』と同じく、ヤクザが運営する暴力団事務所にスクラップグループが押し入り、鉄くずを盗むというストーリーの任侠コメディ映画です。監督は、前作と同じく村山新治です。主演は、松原智恵子と鶴田浩二の他に、当時まだ無名だった田中邦衛も出演しています。

タイトルとURLをコピーしました