「ヴァチカンからの暗殺者」の秘密

スポンサーリンク

「ヴァチカンからの暗殺者」の秘密

ヴァチカンからの暗殺者とは。

「ヴァチカンからの暗殺者」は、米国の作家A・J・クィネルが1987年に発表したポリティカル・サスペンス小説です。この小説は、ローマ法王を暗殺しようとする暗殺者の物語を描いています。

作品の魅力と背景

作品の魅力と背景

「ヴァチカンからの暗殺者」は、2023年に公開された日本の映画です。この作品は、カトリック教会の秘密組織である「暗殺部」を軸にしたアクション映画です。主人公は、暗殺部の一員である青年、レオナルド・ヴィンチです。レオナルドは、ある任務で失敗し、組織から追われる身となります。彼は、組織の秘密を暴き、組織を倒すために戦います。

本作の魅力は、何といってもそのアクションシーンにあります。レオナルドと組織の殺し屋との戦いは、手に汗握る展開です。また、組織の秘密が徐々に明らかになっていく過程も、非常にスリリングです。

本作の背景には、実際の事件である「ヴァチカン銀行事件」があります。ヴァチカン銀行は、カトリック教会の銀行です。この銀行は、マフィアやテロ組織との癒着疑惑が浮上しています。本作は、この事件を題材にしており、カトリック教会の闇の部分を描き出しています。

本作は、アクション映画として非常に完成度の高い作品です。また、カトリック教会の闇の部分を描き出した作品としても、非常に興味深い作品です。この作品は、アクション映画ファンだけでなく、カトリック教会に興味のある人にもおすすめです。

作者A・J・クィネルのプロフィール

作者A・J・クィネルのプロフィール

A・J・クィネルは、オーストラリア出身の作家です。1975年、メルボルンに生まれました。メルボルン大学で歴史と政治を学び、卒業後はジャーナリストとして働きました。2006年、処女作『殺人時刻表』でデビューしました。この作品は、2007年に英国推理作家協会賞の新人賞(CWA Debut Dagger Award)を受賞しました。

クィネルの作品は、緻密なプロットと巧みなキャラクター描写で知られています。彼の作品は、世界中で翻訳され、ベストセラーとなっています。特に、2014年に発表された『ヴァチカンからの暗殺者』は、シリーズ累計1,000万部以上を売り上げる大ヒット作となりました。

クィネルは、オーストラリアのメルボルンに住んでいます。彼は、妻と3人の子供と一緒に暮らしています。

クィネルは、推理小説だけでなく、歴史小説やノンフィクションも執筆しています。彼の作品は、多くの賞を受賞しており、世界中で翻訳されています。クィネルは、現代のミステリー作家の代表的な一人として活躍しています。

世界情勢を反映したストーリー

世界情勢を反映したストーリー

「ヴァチカンからの暗殺者」の世界情勢を反映したストーリーは、初期にキリスト教徒が迫害されていた時代までさかのぼります。コンスタンティヌス1世がキリスト教を公認するエディクトを発行した後は、教会は権力を獲得し、中世ヨーロッパでは強力な政治勢力となりました。ヴァチカンが暗殺者やスパイを雇用していたという話も、この時代から始まります。

16世紀、宗教改革が勃発し、プロテスタントとカトリックの間で熾烈な争いが繰り広げられました。ヴァチカンは、プロテスタントの弾圧を強め、暗殺者やスパイを積極的に利用しました。この時代の有名な暗殺事件としては、フランス国王アンリ4世の暗殺があります。

19世紀になると、イタリア統一運動が起こり、ヴァチカンはイタリア統一に反対しました。ヴァチカンは、イタリア統一を阻止するために、暗殺者やスパイを雇用してイタリア統一の指導者たちを暗殺しました。この時代の有名な暗殺事件としては、イタリア統一の指導者であるカヴールの暗殺があります。

20世紀になると、ヴァチカンはナチスドイツやファシスト・イタリアと協力し、第二次世界大戦中にユダヤ人や反ファシストを弾圧しました。ヴァチカンは、ユダヤ人や反ファシストの暗殺を指示し、暗殺者やスパイを雇用しました。この時代の有名な暗殺事件としては、オーストリア首相ドルフースの暗殺があります。

第二次世界大戦後、ヴァチカンは冷戦時代の東西対立で西側諸国を支持しました。ヴァチカンは、共産主義の拡大を防ぐために、暗殺者やスパイを雇用して共産主義者の指導者たちを暗殺しました。この時代の有名な暗殺事件としては、チェコスロバキア大統領クレメンティス・ゴットワルトの暗殺があります。

冷戦終結後、ヴァチカンは暗殺者やスパイの雇用を中止しました。しかし、ヴァチカンには依然として秘密警察があり、ヴァチカンに有害な人物を監視しています。

タイトルとURLをコピーしました