関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2 内容とレビュー

スポンサーリンク

関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2 内容とレビュー

関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2とは。

関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2は、作家森村誠一による長編時代小説です。2004年に刊行され、1999年に出版された「人間の剣戦国編」を分冊刊行したものになります。「人間の剣シリーズ」の一編です。

ストーリー概要

ストーリー概要

関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2は、2003年に制作された時代劇アニメーション映画です。この映画は、関ヶ原の戦いを題材に、徳川家康と石田三成の対決を中心に描かれています。

ストーリーは、徳川家康が豊臣秀吉の死後、天下統一を目論んで挙兵したことから始まります。家康は、西軍を率いる石田三成と関ヶ原で激突し、激戦の末に勝利を収めました。この勝利により、家康は天下統一を果たし、江戸幕府を開きました。

関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2は、関ヶ原の戦いを舞台に、人間の欲望や愛憎をリアルに描いた作品です。この映画は、戦国時代の歴史を学ぶことができるだけでなく、人間の本質についても考えさせられます。

登場人物紹介

登場人物紹介

-登場人物紹介-

関ヶ原の戦いは、戦国時代の終焉を告げた戦役です。その戦場に、様々な思惑を持った武将たちが集結しました。

-徳川家康-

徳川家康は、江戸幕府の初代将軍です。もともと三河の小さな領主でしたが、桶狭間の戦いで今川義元を破り、その後も着実に勢力を拡大してきました。関ヶ原の戦いでは、西軍を率いる石田三成を破り、天下統一を成し遂げました。

-石田三成-

石田三成は、豊臣秀吉の重臣でした。朝鮮出兵では、総司令官を務めたこともあります。関ヶ原の戦いでは、徳川家康に対抗して西軍を率いましたが、敗北しました。

-豊臣秀頼-

豊臣秀頼は、豊臣秀吉の息子です。秀吉の死後、まだ若かったため、実権は石田三成や前田利家らが握っていました。関ヶ原の戦いでは、西軍に味方しましたが、徳川家康に敗れた後は、大阪城に幽閉されました。

-前田利家-

前田利家は、豊臣秀吉の重臣でした。もともと尾張の小さな領主でしたが、秀吉に仕えて出世しました。関ヶ原の戦いでは、当初は西軍に味方しましたが、後に徳川家康に寝返りました。

-上杉景勝-

上杉景勝は、越後の大名です。豊臣秀吉の時代には、五奉行の一人でした。関ヶ原の戦いでは、西軍に味方しましたが、敗北しました。

-毛利輝元-

毛利輝元は、中国地方の大名です。豊臣秀吉の時代には、五大老の一人でした。関ヶ原の戦いでは、西軍の総大将を務めましたが、敗北しました。

おすすめのポイント

おすすめのポイント

おすすめのポイント

『関ヶ原の雨人間の剣 戦国編2』は、日本の歴史をベースにした架空の人間同士の戦いを描いた剣劇映画です。映画の主な舞台は関ヶ原であり、関ヶ原本戦を前に様々な策略が飛び交い、緊迫した状況が続きます。主演は、小栗旬、柴咲コウ、岡田准一、松嶋菜々子など、日本のトップ俳優が出演しており、豪華なキャストも見どころのひとつです。

映画の魅力のひとつは、その迫力ある殺陣シーンです。小栗旬と柴咲コウの殺陣シーンは、特に印象的であり、二人が息の合った華麗な剣さばきを披露しています。また、岡田准一演じる徳川家康の圧倒的な存在感も、映画の見どころのひとつです。家康の重厚な演技は、映画に説得力を持たせています。

映画のもう一つの魅力は、その人間ドラマです。戦国の世を生き抜く人々の葛藤や友情、愛が描かれており、心に響くストーリーになっています。また、映画のラストシーンは、余韻が残る終わり方となっており、観客の心に強く印象を残すでしょう。

タイトルとURLをコピーしました