詩とメルヘン 多彩な児童作品を掲載した文芸誌

スポンサーリンク

詩とメルヘン 多彩な児童作品を掲載した文芸誌

詩とメルヘンとは。

詩とメルヘンとは、日本の児童文学誌である。1973年に創刊し、発行はサンリオ出版。児童文学作品やイラスト、詩作品などを掲載していた。2003年に休刊となった。アンパンマンなどの作品で知られるやなせたかし氏が編集長を務めた。

サンリオ出版から発行された文芸誌

サンリオ出版から発行された文芸誌

サンリオ出版から発行された文芸誌は、1970年代から1980年代にかけて、児童向けの作品を数多く掲載した人気雑誌でした。その代表的な雑誌が『いちご新聞』です。

『いちご新聞』は、1974年に創刊された月刊誌で、サンリオのキャラクターを起用した漫画や、児童による詩やメルヘンの作品を掲載していました。サンリオのキャラクターが表紙を飾る華やかな雑誌で、サンリオファンはもちろん、多くの児童に愛読されました。

『いちご新聞』の他にも、サンリオ出版からは児童向けの文芸誌が数多く発行されていました。『月刊キティ』、『月刊マイメロディ』、『月刊ポムポムプリン』など、サンリオのキャラクターを冠した雑誌が発行され、それぞれが児童向けの作品を掲載していました。

これらの文芸誌には、児童による詩やメルヘン、イラストや漫画などが掲載され、児童の感性を育むメディアとして重要な役割を果たしました。また、サンリオのキャラクターとのコラボレーションにより、児童たちの創作意欲を掻き立て、多くの作品が寄せられました。

サンリオ出版から発行された文芸誌は、児童向けの文学作品を世に送り出し、児童の文学に対する興味を育んできた功績があります。また、サンリオのキャラクターとのコラボレーションにより、児童たちの創作意欲を掻き立て、多くの作品が寄せられました。

児童文学作品、イラスト、詩作品などを掲載

児童文学作品、イラスト、詩作品などを掲載

児童文学作品、イラスト、詩作品などを掲載
児童文学では、宮沢賢治の「注文の多い料理店」など、日本の名作を掲載。また、海外の児童文学作品も数多く掲載し、世界中の子供たちに愛される作品を紹介している。

イラストでは、挿絵としてだけでなく、独立した作品としても掲載。現代を代表するイラストレーターの作品から、新進気鋭のイラストレーターの作品まで、バラエティに富んだ作品を掲載している。

詩作品では、子供たちが書いた詩を中心に掲載。子供たちの豊かな想像力と感性を垣間見ることができる。また、著名な詩人の作品も掲載し、子供たちに詩の素晴らしさを伝える。

やなせたかし氏が編集長を務めた

やなせたかし氏が編集長を務めた

詩とメルヘンは、やなせたかし氏が編集長を務めた、児童向けの文芸誌でした。この雑誌は、1946年に創刊され、1988年まで発行されました。やなせたかし氏は、アンパンマンの作者として知られていますが、児童文学の分野でも活躍していました。詩とメルヘンは、やなせたかし氏の児童文学に対する思いが込められた雑誌でした。

この雑誌には、やなせたかし氏の作品をはじめ、多くの童謡や詩、童話、メルヘンなどが掲載されていました。また、児童向けの小説やルポルタージュなども掲載されていました。詩とメルヘンは、児童文学の宝庫であり、多くの子供たちに親しまれていました。

タイトルとURLをコピーしました