森村誠一の大都会のあらすじと魅力を徹底解説

スポンサーリンク

森村誠一の大都会のあらすじと魅力を徹底解説

大都会とは。

・大都会は、森村誠一が1967年に発表した、長編社会派推理小説です。
・1967年、森村誠一が著した長編社会派推理小説、大都会。

物語の舞台である「大都会」とは?

物語の舞台である「大都会」とは?

「大都会」は、森村誠一氏による長編警察小説です。1976年に刊行され、1976年には映画化もされました。物語の舞台は、東京をモデルにした「大都会」と呼ばれる巨大都市です。この都市は、高度経済成長期真っ只中の日本で、人口が急増し、交通量も激増しています。その結果、犯罪も多発しており、警察は常に手一杯の状態です。

主人公は、警視庁捜査一課の刑事である黒岩鉄五郎です。黒岩は、強面で口が悪く、捜査には手段を選びませんが、正義感は強く、信念を貫く男です。そんな黒岩が、大都会で起こるさまざまな事件を解決していきます。

「大都会」の魅力は何といっても、そのリアリティにあります。森村誠一氏は、大都会の闇の部分をリアルに描き出しています。また、黒岩鉄五郎という主人公も、非常に魅力的です。黒岩は、一匹狼で、組織に縛られない刑事です。そのため、組織のしがらみにとらわれることなく、自由に捜査を進めることができます。

「大都会」は、警察小説の傑作として知られています。この作品は、大都会の闇の部分をリアルに描き出し、主人公の黒岩鉄五郎も非常に魅力的です。また、映像化もされたため、多くの人々に親しまれています。

主人公・荻島賢一の魅力

主人公・荻島賢一の魅力

主人公・荻島賢一の魅力

荻島賢一は、大都会の主人公であり、警視庁刑事部捜査一課の刑事として活躍する。彼は、正義感が強く、曲がったことが大嫌いな性格。警察官としては優秀で、難事件を解決に導いてきた。しかし、その一方で、融通がきかないところがあり、上司や同僚と衝突することも多い。

荻島賢一の魅力は、その正義感の強さにある。彼は、どんな事件にも全力で取り組み、犯人を必ず逮捕しようと決意する。また、荻島賢一は、曲がったことが大嫌いな性格で、どんな圧力にも屈することがない。そのため、荻島賢一は、警察官としても優秀で、難事件を解決に導いてきた。

荻島賢一は、優秀な警察官であるだけでなく、人間味あふれる人物でもある。彼は、同僚や部下を大切にし、彼らのために尽くすことを厭わない。また、荻島賢一は、正義感の強い性格のため、弱い者や困っている人を放っておけないところがある。こうした人間味あふれる部分が、荻島賢一の魅力の一つとなっている。

大都会の事件の真相とは?

大都会の事件の真相とは?

大都会の事件の真相とは?

大都会は、石原プロモーション制作のテレビドラマシリーズである。1976年10月4日から1978年2月24日まで、毎週月曜日2200 – 2254に日本テレビ系列で放送された。全69話。

大都会の事件の真相とは、ある日、新宿署管内で発生した殺人事件である。被害者は、新宿署の刑事・村西透。村西は、何者かに射殺されてしまった。村西の死は、大都会の警察組織に大きな衝撃を与えた。

大都会の警察組織は、村西の死の真相を解明するために捜査を開始した。捜査の結果、村西が殺害される直前に、大物政治家である久留米剛造と会っていたことが判明した。久留米は、村西に何かを頼んでいたようだが、その内容は不明だった。

大都会の警察組織は、久留米を追及したが、久留米は一切の容疑を否認した。久留米には、鉄壁のアリバイがあった。そこで、大都会の警察組織は、村西の死の真相を解明する手がかりを求めて、捜査を続けた。

大都会の警察組織は、捜査を進めるうちに、村西が殺害される直前に、ある秘密組織のメンバーと接触していたことを突き止めた。この秘密組織は、大物政治家や財界人などで構成されており、国家を陰から操っていた。

大都会の警察組織は、秘密組織のメンバーを追跡し、その正体を暴いた。そして、秘密組織のメンバーが村西を殺害したという証拠を掴んだ。

大都会の警察組織は、秘密組織のメンバーを逮捕し、村西の死の真相を解明した。村西の死は、秘密組織の陰謀によるものだったのだ。

タイトルとURLをコピーしました