将棋の子の意味とあらすじ、感想

スポンサーリンク

将棋の子の意味とあらすじ、感想

将棋の子とは。

「将棋の子」とは、大崎善生が2001年に刊行した著作である。同年、第23回講談社ノンフィクション賞を受賞した。

『将棋の子』の内容と由来

『将棋の子』の内容と由来

「将棋の子」の内容と由来

「将棋の子」は、1960年に出版された井上靖氏の小説です。昭和30年代の大阪を舞台に、将棋の世界に生きる人々の姿を描いた作品です。主人公は、将棋の天才少年・村山聖。幼い頃から将棋に打ち込み、中学卒業後、奨励会に入ります。聖は、奨励会で頭角を現し、プロ棋士を目指して奮闘します。しかし、聖の父は、棋士になることを反対し、聖は家出をします。

聖は、大阪で将棋の師匠・灘本健蔵に出会い、灘本の弟子となります。灘本の指導のもと、聖は棋士として成長し、ついにプロ棋士になります。聖は、プロ棋士として活躍し、タイトル戦にも挑戦しますが、なかなかタイトルを獲得することができません。

しかし、聖は決して諦めず、努力を重ねます。そしてついに、聖はタイトルを獲得し、棋界の頂点に立ちます。聖は、棋士として成功を収めるとともに、私生活でも幸せをつかみます。聖は、将棋を通じて、人生の喜びや悲しみを味わい、成長していくのです。

「将棋の子」は、将棋の世界を舞台に、人間の生き方を描いた作品です。井上靖氏自身が将棋好きだったこともあり、将棋の描写は非常にリアルで、読者を引き込みます。また、聖をはじめとする登場人物たちは、それぞれに個性的で魅力があり、読者は聖たちの人生を応援したくなります。

「将棋の子」は、将棋ファンはもちろん、将棋を知らない人でも楽しめる作品です。人間ドラマとしても、将棋入門書としても、読み応えのある一冊となっています。

『将棋の子』から学べること

『将棋の子』から学べること

『将棋の子』から学べることは、とても多いです。

まず、将棋のルールや戦略を学ぶことができます。この本は、初心者が将棋を学ぶのに最適な本です。将棋のルールや戦略がわかりやすく説明されているので、将棋を始めたばかりの人でもすぐに理解することができます。

また、『将棋の子』からは、人生の教訓を学ぶことができます。この本は、将棋を通して人生の教訓を伝えています。例えば、この本は、努力することの大切さ、諦めないことの大切さ、そして、他人を尊重することの大切さを伝えています。

さらに、『将棋の子』からは、日本の文化を学ぶことができます。この本は、日本の将棋文化について詳しく紹介しています。この本を読めば、日本の将棋文化について深く理解することができます。

『将棋の子』は、将棋のルールや戦略を学ぶことができるだけでなく、人生の教訓や日本の文化を学ぶことができる、とても素晴らしい本です。将棋に興味がある人はもちろん、人生の教訓に興味がある人や日本の文化に興味がある人にも、この本はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました