諸九尼 – 江戸の女俳諧師が「奥の細道」を行く

スポンサーリンク

諸九尼 – 江戸の女俳諧師が「奥の細道」を行く

江戸の女俳諧師「奥の細道」を行くとは。

「江戸の女性俳諧師が『奥の細道』を行く」とは、金森敦子が江戸時代の女性俳諧師である諸九尼の生涯を記した評伝である。副題は「諸九尼の生涯」。1998年に刊行され、第47回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。

奥の細道を行く、江戸の女俳諧師

奥の細道を行く、江戸の女俳諧師

奥の細道を行く、江戸の女俳諧師

諸九尼は、江戸の俳諧師であり、俳諧界の重鎮松尾芭蕉の弟子でもありました。彼女は、1689年、芭蕉が奥の細道を行く旅に出た際に同道し、その記録を『奥の細道紀行』として残しました。

諸九尼は、江戸の町で俳諧を学び、後に芭蕉の弟子となりました。彼女は、芭蕉の俳諧に共感し、その教えを熱心に学びました。芭蕉も、諸九尼の才能を高く評価し、彼女を「俳諧十哲」の一人に数えました。

1689年、芭蕉が奥の細道を行く旅に出ると、諸九尼も同行を申し出ました。芭蕉は、諸九尼の申し出を快諾し、二人は旅に出発しました。旅の途中、諸九尼は、芭蕉と一緒に各地を巡り、多くの俳句を詠みました。また、彼女は、旅の記録を『奥の細道紀行』として残しました。

『奥の細道紀行』は、芭蕉の俳諧の旅の記録であり、俳諧文学の傑作として知られています。諸九尼の『奥の細道紀行』は、芭蕉の『奥の細道紀行』とは異なり、女性ならではの視点で旅の様子を記録しています。彼女の日記は、当時の社会や文化、人々の暮らしぶりを垣間見ることができます。

諸九尼は、江戸の女俳諧師であり、俳諧界の重鎮松尾芭蕉の弟子でした。彼女は、芭蕉の奥の細道を行く旅に同行し、『奥の細道紀行』を著しました。彼女の作品は、俳諧文学の傑作として知られており、現在でも多くの人々に親しまれています。

芭蕉と並び称された、諸九尼の生涯

芭蕉と並び称された、諸九尼の生涯

諸九尼(しょくに)は、江戸時代前期に活躍した女性俳諧師であり、松尾芭蕉とともに「俳諧双璧」と称されるほど高い評価を得ています。

1635年に現在の東京都中央区に生まれ、30代後半に夫を亡くし、実家に戻った後、俳諧を始めました。

諸九尼の俳諧は、芭蕉の蕉風とは異なる、独自の境地を開いたもので、自然の美しさや人の情を繊細に詠み上げています。

特に、1689年に芭蕉が亡くなった後、諸九尼は芭蕉の遺志を継ぎ、奥の細道を旅し、その旅の道中記「おくのほそ道紀行」を著しました。

この紀行は、芭蕉の「おくのほそ道」と並ぶ名作として、高く評価されています。

諸九尼は、1711年に77歳で亡くなり、現在もその作品は多くの人に愛され続けています。

諸九尼の俳句にみる、江戸の庶民の暮らし

諸九尼の俳句にみる、江戸の庶民の暮らし

諸九尼の俳句にみる、江戸の庶民の暮らし

江戸時代、庶民の間で俳句が流行しました。俳句は、五七五の音のリズムで詠む短詩です。庶民は、俳句を通して自分の思いや生活を表現しました。諸九尼も、俳句を詠んだ庶民の一人です。諸九尼の俳句には、江戸の庶民の暮らしが描かれています。

諸九尼の俳句には、江戸の庶民の暮らしが描かれています。江戸の庶民は、貧しく、生活は苦しいものでした。しかし、庶民は、貧しさの中でも、工夫をして生活を楽しんでいました。諸九尼の俳句には、庶民の工夫や楽しみが詠まれています。

諸九尼の俳句には、庶民の工夫や楽しみが詠まれています。例えば、諸九尼は、「ちまき売りの声にけさの暑さかな」という俳句を詠んでいます。この俳句は、ちまき売りの声が聞こえてきて、夏の暑さを実感したという内容です。庶民は、ちまきを売って生活していました。ちまきは、庶民の間で人気のある食べ物でした。諸九尼は、ちまき売りの声を聞いて、庶民の生活の一端を垣間見たのです。

諸九尼の俳句には、庶民の工夫や楽しみが詠まれています。庶民は、貧しい中でも、工夫をして生活を楽しんでいました。諸九尼の俳句は、庶民の工夫や楽しみを伝える貴重な資料です。庶民の暮らしを理解するためには、諸九尼の俳句を読むことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました