Sign:ドラマオレンジデイズ主題歌

スポンサーリンク

Sign:ドラマオレンジデイズ主題歌

Signとは。

「Sign」は、2004年に発売された日本のポピュラー音楽。日本のバンドであるMr.Childrenが歌っています。作詞・作曲は桜井和寿が担当しています。2004年放送のTBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌として起用されました。同年、オリコン年間シングルチャートで第2位にランクインしています。さらに、第46回日本レコード大賞を受賞しました。

作詞・作曲は桜井和寿

作詞・作曲は桜井和寿

大見出し「Signドラマオレンジデイズ主題歌」の下に作られた小見出しの「作詞・作曲は桜井和寿」は、この曲が日本のロックバンド、Mr.Childrenの桜井和寿によって作詞・作曲されたことを示しています。桜井和寿はMr.Childrenのボーカルであり、バンドのほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛けています。彼は日本の音楽シーンを代表するシンガーソングライターの一人であり、その歌詞は多くの人の共感を呼んでいます。

Signは2004年に発売されたMr.Childrenの17枚目のシングルです。この曲は、TBS系列のドラマ「オレンジデイズ」の主題歌として起用され、大ヒットしました。ドラマは、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太が出演したラブストーリーで、平均視聴率16.0%を記録しました。Signはドラマの人気に後押しされ、オリコンチャートで最高位2位を獲得しました。また、日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞しました。

Signは、ミディアムテンポのバラードです。歌詞は、失恋した男性の心情を歌っています。桜井和寿の切ないボーカルと、美しいメロディーが心に響きます。Signは、Mr.Childrenの代表曲の一つであり、今でも多くの人々に愛されています。

2004年オリコン年間シングルチャート第2位

2004年オリコン年間シングルチャート第2位

2004年、日本の音楽シーンを席巻した曲が、Mr.Childrenの「Sign」であった。この曲は、ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌として起用されたことで、たちまち大ヒットとなった。ドラマのストーリーとリンクするような歌詞と、Mr.Childrenらしい爽やかなサウンドが、多くの人の心を捉えた。

「Sign」は、オリコン年間シングルチャートで第2位を獲得した。これは、Mr.Childrenにとって、1999年の「終わりなき旅」以来、5年ぶりのトップ3入りとなった。また、「Sign」は、日本レコード大賞の優秀作品賞にも選ばれた。

「Sign」のヒットは、Mr.Childrenの地位を不動のものとした。彼らは、日本の音楽シーンを代表するアーティストとしての地位を確立し、現在に至るまで、多くのヒット曲を世に送り出している。

第46回日本レコード大賞受賞

第46回日本レコード大賞受賞

第46回日本レコード大賞受賞

Signは、ドラマオレンジデイズの主題歌として採用されたことで話題を呼んだ。このドラマは、若者たちの恋愛と友情を描いたものだが、Signはそのテーマソングとして、ドラマの雰囲気を盛り立てた。ドラマの放送に先駆けて発売されたシングルは、発売週に20万枚を超える売上を記録し、オリコン週間シングルチャートで1位を獲得した。その後もロングセラーを続け、最終的に100万枚以上のセールスを記録した。

Signは、ドラマの人気に乗じて、第46回日本レコード大賞を受賞した。日本レコード大賞は、日本レコード協会が主催する賞で、毎年、最も優秀な楽曲に贈られる。Signは、その年の数多くのヒット曲の中から、見事、日本レコード大賞に選ばれた。この受賞によって、Signは、国民的なヒット曲としての地位を確固たるものにした。

タイトルとURLをコピーしました