花ぼうろ~霧氷の宿~

スポンサーリンク

花ぼうろ~霧氷の宿~

花見街道とは。

花見街道とは、日本のポピュラー音楽の曲です。歌は女性歌手である美空ひばりが歌い、1957年に発売されました。作詞は石本美由起、作曲は船村徹が行っています。この曲は、同じ年に公開された映画「ふり袖捕物帖ちりめん駕篭」で使用されました。

花ぼうろ~霧氷の宿~の概要

花ぼうろ~霧氷の宿~の概要

花ぼうろ~霧氷の宿~の概要

花ぼうろ~霧氷の宿~は、北海道の大雪山国立公園内に位置する温泉宿です。国立公園内にある数少ない宿泊施設の一つで、そのロケーションの良さから多くの人に愛されています。

宿は、標高1,200mの高地に位置しており、大雪山の雄大な景色を望むことができます。特に冬になると、あたり一面が霧氷に覆われ、幻想的な風景が広がります。霧氷は、氷点下の気温で水蒸気が凍ってできるもので、太陽の光を反射してキラキラと輝きます。

花ぼうろ~霧氷の宿~には、大浴場や露天風呂があり、霧氷を眺めながら温泉を楽しむことができます。また、館内にはレストランやラウンジがあり、ゆっくりと過ごすことができます。

花ぼうろ~霧氷の宿~は、大雪山の自然を満喫できる温泉宿です。霧氷の季節には、特に美しい景色を見ることができます。また、夏にはトレッキングやハイキング、冬にはスキーやスノーボードなど、四季を通じて楽しめるアクティビティがたくさんあります。

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌詞

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌詞

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌詞

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌詞は、歌手の雪村いづみが作詞・作曲したものです。この曲は、1982年に発売されたアルバム「花ぼうろ~霧氷の宿~」に収録されています。

歌詞の内容は、冬の北海道を舞台にしたラブソングです。主人公は、冬の北海道を訪れた観光客で、そこで出会った女性に恋をします。しかし、女性にはすでに恋人がおり、主人公は失恋してしまいます。

この曲は、雪深い北海道の情景と、主人公の切ない恋心が描かれた歌詞が特徴です。雪村いづみの歌声も素晴らしく、この曲を聴くと冬の北海道の美しさを感じることができます。

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌詞

花ぼうろ~霧氷の宿~

雪化粧の北海道

降り積もる雪が

私の心を包む

冬の景色は

まるで夢のようだ

出会いは突然だった

霧氷の宿で

一目惚れをした

彼女の笑顔に

一目惚れをした

しかし彼女は

すでに恋人がいた

私は失恋した

でも彼女の笑顔は

今でも私の心に残っている

冬の北海道は

美しかった

でも私の心は

悲しかった

霧氷の宿を

後にした私は

一人旅を続けた

そして私は

新しい恋を見つけた

彼女の笑顔は

私の心を癒してくれた

私は幸せだった

冬の北海道は

美しかった

私の心も

幸せだった

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌手、川中美幸

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌手、川中美幸

-花ぼうろ~霧氷の宿~の歌手、川中美幸-

花ぼうろ~霧氷の宿~の歌手は、川中美幸である。川中美幸は、1955年に熊本県で生まれた演歌歌手である。1971年に、日本クラウンより「ひとり旅」でデビューした。1974年に、シングル「酒場川」が大ヒットし、一躍スターダムにのし上がった。その後も、「ふたり酒」、「おんなの朝」、「かもめの街」などのヒット曲を連発し、演歌界のトップスターとして君臨した。

川中美幸は、その歌唱力と、情感豊かな歌声で、多くの人に愛されている。その歌声は、氷の張った宿に住む女性を情感たっぷりに歌い上げた国民的ヒット曲となった「花ぼうろ~霧氷の宿~」に代表されるように、聴く人の心を打つ。また、川中美幸は、舞台やテレビでも活躍しており、その明るく元気なキャラクターで、多くの人から親しまれている。

川中美幸は、演歌界のトップスターとして、長年にわたって活躍している。その歌声は、多くの人に愛され、これからも日本を代表する歌手として活躍していくことだろう。

タイトルとURLをコピーしました