「ソロモンの偽証前篇・事件」考察!

スポンサーリンク

「ソロモンの偽証前篇・事件」考察!

ソロモンの偽証前篇・事件とは。

2015年の日本映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』は、成島出監督による宮部みゆき原作の小説を映画化した二部作の第一部です。この映画は、中学校で男子生徒が転落死した事件の真相を暴くために奮闘する同級生たちの姿を描いたミステリーです。藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈などが出演しています。

謎の転落死事件の真実

謎の転落死事件の真実

謎の転落死事件の真実

物語の中心となるのは、高校生の柏木卓也が校舎の屋上から転落して死亡するという事件。警察は、当初自殺と判断するが、卓也の親友である藤野涼子は、事件に不審な点を感じ、独自に捜査を開始する。涼子は、卓也の死の直前まで一緒にいたのが、同級生の神原和彦と関根淳子であったことを突き止める。涼子は、和彦と淳子を追及するが、二人はそろって口を閉ざしたまま。涼子は、二人が事件に関与しているのではないかと疑い、真相究明に奔走する。

やがて、涼子は、和彦と淳子が、卓也をいじめていたことを知る。卓也はいじめられていたことに苦しんでおり、和彦と淳子に復讐するために、屋上から転落したのではないかと涼子は考える。しかし、和彦と淳子は、いじめを認めるものの、卓也の死については知らなかったと主張する。涼子は、二人が嘘をついているのではないかと疑うが、証拠をつかむことができない。

涼子は、卓也の死の真相を究明するため、学校や警察に協力してもらうことにする。涼子は、学校側に和彦と淳子のいじめについて告発し、警察側に卓也の死の捜査を依頼する。学校側は、和彦と淳子に事情聴取を行うが、二人ともいじめを否定し続ける。警察側も、卓也の死について捜査を進めるが、決定的な証拠が見つからない。涼子は、卓也の死の真相を究明するために、さらに努力を重ねる。

同級生たちの推理と捜査

同級生たちの推理と捜査

-# 同級生たちの推理と捜査

同級生たちは、自分たちの手で事件を解決しようと、推理や捜査を始めます。まず、柏木卓也は、三村紘輝のノートを調べ、三村紘輝が森下愛子に好意を持っていたことを知ります。また、宮部みどりは、森下愛子のロッカーを調べ、森下愛子が三村紘輝にチョコレートを渡していたことを知ります。

同級生たちは、これらの情報を元に、三村紘輝が森下愛子に告白したが、断られたために殺害したのではないかという推理をします。そして、三村紘輝の部屋を捜査し、三村紘輝が森下愛子を手錠で縛り上げていたことを発見します。

同級生たちは、これらの証拠を元に、三村紘輝が森下愛子を殺害した犯人であると確信します。そして、三村紘輝を警察に突き出すべく、行動を起こします。

友情と裏切りが交錯する展開

友情と裏切りが交錯する展開

「ソロモンの偽証前篇・事件」は、友情と裏切りが交錯する展開が魅力的な作品です。主人公の藤野涼子は、親友である柏木卓也が転落死した事件を調査していく中で、様々な謎に直面していきます。そして、その過程で親友だと思っていた卓也の意外な一面を知ることになります。

涼子と卓也は小学校からの親友であり、とても仲の良い関係でした。しかし、卓也が転落死したことで、二人の友情は引き裂かれてしまいます。涼子は卓也の死の真相を突き止めるために、事件を独自に調査していきます。すると、卓也が学校でいじめられていたこと、そしてそのいじめに関わっていた生徒たちがいることが判明します。

涼子は、卓也をいじめていた生徒たちを問い詰めていきますが、彼らは皆口を閉ざしてしまいます。そこで、涼子は卓也の携帯電話を調べて、真実を突き止めようとします。すると、卓也が転落死する前日に、誰かに脅迫されていることが判明します。

涼子は、卓也を脅迫していた人物を見つけ出すために、さらなる調査を進めていきます。そしてついに、卓也を脅迫していたのが、親友であるはずの浅井松子であることを突き止めます。松子は、卓也が自分の秘密を知っていることを恐れて、彼を殺害したのです。

涼子は、松子に事件の真相を突きつけ、彼女を警察に突き出します。松子は逮捕され、卓也の死の真相は明らかになりました。しかし、涼子は親友を失ったことで、深い悲しみを味わうことになります。

涼子と卓也の友情は、松子の裏切りによって引き裂かれてしまいました。しかし、涼子は卓也の死の真相を突き止め、彼の名誉を回復することができました。涼子は、卓也の死を乗り越えて、新しい人生を歩んでいきます。

タイトルとURLをコピーしました