相馬二遍返しとは?その魅力と歴史

スポンサーリンク

相馬二遍返しとは?その魅力と歴史

相馬二遍返しとは。

「相馬二遍返し」は、福島県相馬市の民謡です。羽黒山神社の月例祭で歌われた「羽黒節」が変化して生まれたものです。古くから歌われてきたものを「南方二遍返し」、後に改作されたものを「北方二遍返し」と呼んでいます。

相馬二遍返しの起源と変遷

相馬二遍返しの起源と変遷

– 相馬二遍返しの起源と変遷

相馬二遍返しの起源は、相馬野馬追の起源と同じく、相馬藩初代藩主・相馬利胤公が、家臣団の武芸を錬磨するために考案したことにあります。利胤公は、家臣団の武芸に優劣が激しいことを憂いて、家臣団の団結を図り、武芸の向上を図るために、相馬野馬追を考案しました。相馬野馬追は、野馬を捕まえる競技ですが、その中で、家臣団は、野馬を追いかけ回して捕まえるという武芸を競い合いました。

相馬二遍返しは、相馬野馬追の中で行われる競技の一つです。相馬二遍返しは、騎馬武者たちが、野馬を追いかけて捕まえる競技ですが、その中で、騎馬武者たちは、野馬の背中に飛び乗り、野馬を操って、二度、元の位置に戻すという競技です。相馬二遍返しは、騎馬武者の武芸を競う競技であり、相馬野馬追の中でも、最も華やかな競技の一つです。

相馬二遍返しは、江戸時代には、相馬藩の藩士のみが行っていた競技でしたが、明治時代になると、一般の人にも開放されました。現在では、相馬二遍返しは、相馬野馬追のメインイベントの一つとして、毎年、多くの観光客が訪れる一大イベントとなっています。

南方二遍返しと北方二遍返しの違い

南方二遍返しと北方二遍返しの違い

南方二遍返しと北方二遍返しの違い

相馬二遍返しにおける南方二遍返しは、馬にまたがり、馬上で大太刀を振り回して戦うもので、相手との一騎打ちを重視した。一方、北方二遍返しは、馬を降りて二本の刀を抜き、左右に振り分けて戦うもので、集団戦を想定したものだ。

南方二遍返しは、馬上の機動力を活かして相手の一刀のもとに討ち取るもので、スピードとパワーを重視した。一方、北方二遍返しは、二本の刀を巧みに操って相手の攻撃を防御しつつ、隙を見つけて反撃するもので、技術と持久力を重視した。

南方二遍返しは、相馬氏の騎馬武者が得意とした戦法で、馬上の機動力を活かして敵を圧倒するものであった。一方、北方二遍返しは、相馬氏の徒歩武者が得意とした戦法で、二本の刀を巧みに操って敵を打ち破るものであった。

相馬二遍返しの歌詞とメロディーの特徴

相馬二遍返しの歌詞とメロディーの特徴

相馬二遍返しは、福島県相馬地方に伝わる民謡です。その歌詞とメロディーには、相馬特有の歴史や文化が色濃く反映されています。歌詞は、相馬藩主・相馬忠胤が、江戸城への参勤交代の際に、二回も引き返したというエピソードをモチーフにしています。また、相馬二遍返しの特徴的なメロディーは、相馬地方の民謡によく見られる「二上り」の音階によって構成されています。この音階は、明るい印象を与え、相馬二遍返しの歌詞の悲哀をより一層際立たせていると言われています。相馬二遍返しは、その歌詞とメロディーの魅力によって、現在も多くの民謡ファンに愛されています。

タイトルとURLをコピーしました