「Starlit~君がくれた優しい光~」 – 台湾ドラマのラブストーリー

スポンサーリンク

「Starlit~君がくれた優しい光~」 – 台湾ドラマのラブストーリー

Starlit~君がくれた優しい光~とは。

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、2009年1月に全22話が放映された台湾のテレビドラマです。ジェリー・イェン、テリー・クァン、アリス・ツァンの他、豪華キャストが出演しています。このドラマはラブストーリーで、ロマンチックなストーリーが展開されます。

ドラマの概要

ドラマの概要

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、2021年に放送された台湾の恋愛ドラマです。このドラマは、人気小説「君がくれた優しい光」を原作としており、台湾のトップスターであるディーン・フジオカとアリエル・リンが主演を務めました。

このドラマは、事故で視力を失った元スターシェフの女性と、彼女を支えるためにレストランを開店した男性のラブストーリーを描いています。二人の主人公は、困難を乗り越えながら愛を育み、やがて結ばれます。

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、キャストの演技力と美しい映像美が高く評価され、台湾で大ヒットしました。また、このドラマは海外でも放送され、世界中の視聴者から人気を集めました。

キャストとキャラクター

キャストとキャラクター

-「Starlit~君がくれた優しい光~」のキャストとキャラクターたち-

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、台湾で大人気となったロマンチックなドラマシリーズです。このドラマでは、4人の若い男女たちの愛と友情の物語が描かれています。

ドラマの主人公は、台湾で人気の歌手のジョッシュ・リンが演じるアランです。アランは、ひょんなことから出会った女子高生のシャオ・メイ(ユー・シュエン・チー)に一目惚れします。シャオ・メイは、アランの熱烈なアプローチに戸惑いながらも、次第に彼に惹かれていきます。

アランの親友であるジアン・チェン(ルイス・リウ)は、シャオ・メイの親友であるフゥ・シーハン(ヴァネス・ウー)と出会い、恋に落ちます。ジアン・チェンとフゥ・シーハンの恋は、シャオ・メイとアランの恋とは対照的に、順風満帆に進んでいきます。

アランとシャオ・メイは、順調に愛を育んでいきますが、ある日、アランが交通事故に遭い、命を落としてしまいます。シャオ・メイは、アランの死を乗り越え、人生を歩んでいくことを決意します。

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、愛する人を失った少女が、悲しみを乗り越えて成長していく姿を描いた感動作です。また、ドラマの中では、友情や家族愛についても描かれており、視聴者の心を温かくします。

ドラマの見どころ

ドラマの見どころ

ドラマの見どころ

「Starlit~君がくれた優しい光~」は、2人の主人公の恋愛模様を軸に、家族や友情、夢を追いかける姿を描いたラブストーリーです。このドラマの魅力は、何といっても主人公たちのキャラクターにあります。ヒロインの暁星(シャオシン)は、明るく元気な性格で、誰に対しても分け隔てなく接する少女です。そんな彼女が、一見クールで無愛想ですが、実は心優しい男の子である夜空(イエコン)と出会い、恋に落ちていきます。2人の恋愛模様は、時には甘く、時には切なく、視聴者を飽きさせることはありません。

また、このドラマの見どころは、主人公たちの家族や友人との関係性も描いている点です。暁星は、両親と妹の4人家族で、家族仲は良好です。しかし、夜空は両親と折り合いが悪く、家出をして一人で暮らしています。そんな夜空と暁星が、徐々に心を通わせていく姿は、視聴者の共感を呼ぶことでしょう。

さらに、このドラマは、主人公たちの夢を追いかける姿も描いています。暁星は、歌手になることを夢見ており、夜空は、ピアニストになることを目指しています。2人は、それぞれの夢に向かって努力を重ね、挫折を乗り越えながら成長していきます。そんな主人公たちの姿は、視聴者に勇気を与えてくれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました