竹書房ホラー文庫とは?

スポンサーリンク

竹書房ホラー文庫とは?

竹書房ホラー文庫とは。

「竹書房ホラー文庫」とは、竹書房が刊行しているホラー小説専用の文庫 レーベルである。

竹書房ホラー文庫の歴史

竹書房ホラー文庫の歴史

– 竹書房ホラー文庫の歴史 –

竹書房ホラー文庫は、株式会社竹書房が発行する日本のホラー小説文庫レーベルである。1992年11月に創刊され、2018年現在までに約700冊のタイトルが刊行されている。代表的な作家としては、門田浩子、乾くるみ、小野不由美、北原雅紀、田中明生、天童荒太、西村京太郎、林真理子、東野圭吾、山白朝子などがいる。

竹書房ホラー文庫は、1990年代に日本で起きたホラー小説ブームを背景に創刊された。当時の日本のホラー小説は、三津田信三の『犬神家の一族』や北原雅紀の『リング』など、映画化やドラマ化された作品がヒットし、その人気は社会現象的なものとなっていた。竹書房ホラー文庫は、こうしたブームに乗って創刊され、初期には三津田信三、北原雅紀、小野不由美といった人気作家の作品を多く刊行した。

1990年代後半になると、日本のホラー小説ブームは下火となり、竹書房ホラー文庫もその影響を受けて発行部数が減少した。しかし、竹書房はホラー文庫の刊行を継続し、2000年代に入ると発行部数が回復し始めた。2010年代には、竹書房ホラー文庫に所属する作家の中から、門田浩子や東野圭吾など、映画化やドラマ化された作品を発表する作家が輩出され、その人気は再び社会現象的なものとなった。

現在、竹書房ホラー文庫は日本のホラー小説文庫レーベルの中で最も発行部数が多いレーベルのひとつである。竹書房ホラー文庫から刊行された作品は、映画化やドラマ化されたものも多く、その人気は幅広い層に及んでいる。

竹書房ホラー文庫の特色

竹書房ホラー文庫の特色

竹書房ホラー文庫の特色

竹書房ホラー文庫は、竹書房が発行するホラー小説のレーベルです。1981年に創刊され、現在までに1000冊以上の作品を刊行しています。竹書房ホラー文庫の特色は、その幅広いラインナップです。古典的なホラー小説から現代的なホラー小説まで、様々なジャンルの作品を刊行しています。また、新人作家の発掘にも力を入れており、毎年新人賞を開催しています。竹書房ホラー文庫からは、多くの人気作家が輩出されています。

竹書房ホラー文庫のもう一つの特色は、その高いクオリティです。竹書房ホラー文庫の作品は、すべて編集者による厳しい審査を受けています。そのため、どの作品もハズレがありません。竹書房ホラー文庫は、ホラー小説好きにはたまらないレーベルです。ホラー小説を読んだことがないという人も、竹書房ホラー文庫の作品を読めば、ホラー小説の楽しさにハマること間違いなしです。

竹書房ホラー文庫は、ホラー小説のファンにとって、なくてはならない存在です。竹書房ホラー文庫の作品を読めば、ホラー小説の楽しさにハマること間違いなしです。ホラー小説を読んだことがないという人も、竹書房ホラー文庫の作品を読めば、ホラー小説の楽しさにハマること間違いなしです。

竹書房ホラー文庫の人気作家

竹書房ホラー文庫の人気作家

竹書房ホラー文庫の人気作家

竹書房ホラー文庫は、竹書房が刊行するホラー小説の文庫レーベルです。1986年に創刊され、以来、数多くのホラー小説を世に送り出してきました。竹書房ホラー文庫には、多くの人気作家が在籍しています。その中でも、特に人気のある作家を何人かご紹介します。

一人目は、乙一さんです。乙一さんは、1978年生まれの作家です。2000年に『GOTH(ゴス)』でデビューし、以来、数多くのホラー小説を発表しています。乙一さんの作品は、切れ味鋭いストーリーと、読者の想像力をかき立てる描写が特徴です。また、乙一さんの作品は、映画化やドラマ化されることも多く、幅広い層から人気を集めています。

二人目は、恩田陸さんです。恩田陸さんは、1964年生まれの作家です。1998年に『六番目の小夜子』でデビューし、以来、数多くのホラー小説を発表しています。恩田陸さんの作品は、ミステリーとホラーが融合したような独特の世界観が特徴です。また、恩田陸さんの作品は、文体が美しいことで知られ、多くの読者から支持されています。

三人目は、小野不由美さんです。小野不由美さんは、1960年生まれの作家です。1986年に『風の墓標』でデビューし、以来、数多くのホラー小説を発表しています。小野不由美さんの作品は、緻密な設定と、息を呑む展開が特徴です。また、小野不由美さんの作品は、アニメ化やドラマ化されることも多く、幅広い層から人気を集めています。

これらの作家以外にも、竹書房ホラー文庫には、数多くの人気作家が在籍しています。竹書房ホラー文庫は、ホラー小説ファンにとっては、たまらないレーベルと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました