丹下左膳:監督・出演者・あらすじ

スポンサーリンク

丹下左膳:監督・出演者・あらすじ

丹下左膳とは。

「丹下左膳」は、1958年に公開された日本映画です。監督は松田定次郎、原作は林不忘です。大友柳太朗主演のアクション時代劇で、丹下左膳シリーズの第1作となります。他の出演者には、大川橋蔵、東千代之介、長谷川裕見子、美空ひばりなどがいます。

丹下左膳の復活

丹下左膳の復活

丹下左膳の復活

丹下左膳は、1956年に公開された日本映画である。監督は稲垣浩、主演は三船敏郎。吉川英治の小説「丹下左膳」を原作としている。

この映画は、丹下左膳が、盲目の剣客として復活する姿を描いている。左膳は、かつては一流の剣豪だったが、ある事件がきっかけで失明し、落ちぶれた生活を送っていた。しかし、ある日、左膳は、盲目の少女・お菊と出会い、彼女の父親を殺した強盗団を倒すことを決意する。左膳は、お菊の妹・おとよとともに、強盗団のアジトに乗り込み、強盗団を倒す。そして、左膳は、お菊と結婚し、幸せに暮らす。

この映画は、三船敏郎の熱演と、稲垣浩の演出が見事な、時代劇の傑作である。三船敏郎は、失明した剣客・左膳を、迫真の演技で見事に演じている。また、稲垣浩の演出も、緊迫感あふれるアクションシーンや、感動的な人間ドラマを巧みに描ききっている。

この映画は、公開当時、大ヒットとなり、日本国内だけでなく、海外でも高い評価を得た。そして、この映画は、丹下左膳を題材にした映画シリーズの第一作となり、その後、続編が何作も作られた。

大友柳太朗の当たり役

大友柳太朗の当たり役

大友柳太朗の当たり役

丹下左膳は、大友柳太朗の当たり役となった。大友は、1939年に「丹下左膳 第一篇」で初めてこの役を演じ、その後も「丹下左膳 第二篇」「丹下左膳 第三篇」「丹下左膳 剣戟篇」「丹下左膳 決闘篇」など、数多くの作品に出演した。大友は、丹下左膳を演じる際に、その飄々とした性格や、義理人情に厚いところを巧みに表現した。また、大友の殺陣は、スピード感があり、迫力満点であった。

大友の丹下左膳は、多くの人々に愛され、人気を博した。大友の丹下左膳は、映画のみならず、テレビドラマでも人気を博し、大友は丹下左膳役として国民的スターとなった。大友の丹下左膳は、現在でも多くのファンに愛されており、時代劇の金字塔として語り継がれている。

美空ひばりの歌声

美空ひばりの歌声

美空ひばりの歌声

大映映画『丹下左膳』シリーズには、美空ひばりが歌う主題歌がつきものである。ひばりの歌声は、左膳の孤独や悲しみ、そして生きざまを余すところなく表現し、映画をより一層盛り上げる。

特に、シリーズ第1作『丹下左膳』の主題歌「丹下左膳」は、ひばりの代表曲のひとつとして知られている。この曲は、左膳の生きざまを力強く歌い上げたもので、映画の公開当時から大ヒットを記録した。

また、シリーズ第2作『続・丹下左膳』の主題歌「無法松の一生」も、ひばりの歌声によって心に沁みる名曲となっている。この曲は、無法松の孤独や悲しみを切々と歌い上げたもので、映画のラストシーンで流れると、多くの観客の涙を誘った。

ひばりの歌声は、丹下左膳シリーズの大きな魅力のひとつである。彼女の歌声は、左膳の生きざまを余すところなく表現し、映画をより一層盛り上げる。

タイトルとURLをコピーしました