「手をつなぐ子等」1948年の心温まる名作

スポンサーリンク

「手をつなぐ子等」1948年の心温まる名作

手をつなぐ子等とは。

「手をつなぐ子等は、1948年に公開された日本映画です。稲垣浩監督、田村一二原作、伊丹万作脚色、宮川一夫撮影の作品です。出演は初山たかし、長門裕之、宮田次郎、太田多壽雄、徳川夢声、笠智衆、杉村春子などです。この映画は、第3回毎日映画コンクールで笠智衆が男優演技賞を受賞しました。」

日本映画の原点

日本映画の原点

「日本映画の原点」

「手をつなぐ子等」は、1948年に公開された日本の映画です。監督は斎藤寅次郎、主演は上原謙と原節子です。

この映画は、戦後の復興期の日本の子供たちの生活を描いたもので、日本映画の原点とも呼ばれています。

主人公の二人の子供は、病気の母親のために食べ物を探して苦労しています。やがて、二人の子供は養護施設に送られ、そこで新しい生活を始めます。

この映画は、戦後の日本の厳しい現実を描いたものであり、また、子供たちのたくましさや優しさも描かれています。

「手をつなぐ子等」は、公開当時大きな反響を呼び、今もなお多くの人々に愛されています。

この映画は、日本映画の原点であり、日本映画の歴史を語る上で欠かせない作品です。

戦争の傷跡が残る時代を背景にした物語

戦争の傷跡が残る時代を背景にした物語

「戦争の傷跡が残る時代を背景にした物語」

1948年に発表された「手をつなぐ子等」は、戦後の混乱期を背景に、二組の母子を描いた感動作です。主人公の一人であるケンタは、貧しい家庭に育つ少年で、戦災で母親を失い、父親と二人暮らしをしています。ある日、ケンタは学校で、新しい転校生であるミチと出会います。ミチはケンタと同じく、戦災で母親を失っており、父親と二人暮らしをしています。二人はすぐに仲良くなり、一緒に遊ぶようになります。

しかし、ケンタの父親は病気になり、ケンタは父親を養うために学校を辞めざるを得なくなります。ミチはケンタの父親の看病を手伝い、ケンタはミチの父親の仕事を手伝います。二人は互いに助け合いながら、生活していきます。しかし、ケンタの父親は病に勝てずに亡くなってしまいます。ケンタは悲しみに暮れますが、ミチの支えもあり、立ち直っていきます。

そして、ケンタとミチは大人になり、結婚します。二人は幸せな家庭を築き、子供を授かります。ケンタとミチは、子供たちに戦争の悲惨さを伝え、平和の大切さを説いていきます。

笠智衆の演技が光る

笠智衆の演技が光る

笠智衆の演技が光る

「手をつなぐ子等」の主人公・小杉先生を演じたのは、名優・笠智衆である。笠は、1904年に東京に生まれ、早稲田大学を卒業後、松竹に入社。1925年に映画デビューを果たし、以来、数多くの映画やテレビドラマに出演した。

笠は、「手をつなぐ子等」で、戦災孤児たちを慈しむ小杉先生を熱演。その演技は、多くの視聴者の心を打った。笠は、小杉先生の温かい人柄を自然体で演じ、視聴者に親しみを持たせた。また、笠は、小杉先生が子どもたちと接するシーンで、繊細な演技を見せた。笠は、小杉先生が子どもたちを愛する気持ちを見事に表現し、視聴者に感動を与えた。

笠智衆の演技は、「手をつなぐ子等」を名作たらしめた大きな要因の一つである。笠の演技は、視聴者に小杉先生の人柄を理解させ、彼の行動に共感させた。また、笠の演技は、視聴者に子どもたちの境遇を理解させ、彼らの幸せを願わせた。笠の演技は、「手をつなぐ子等」を不朽の名作にしたのである。

タイトルとURLをコピーしました