寺内貫太郎一家〈2〉ホームドラマの傑作

スポンサーリンク

寺内貫太郎一家〈2〉ホームドラマの傑作

寺内貫太郎一家〈2〉とは。

寺内貫太郎一家〈2〉は、日本のホームドラマです。舞台は東京の下町。石屋を営む一家の物語を描きます。1975年4月から11月まで、TBS系列で全30回が放送されました。脚本は向田邦子ら、出演は小林亜星、加藤治子、西城秀樹、悠木千帆(樹木希林)らです。「寺内貫太郎一家」シリーズの第2作です。

東京下町の石屋を営む家族を描くホームドラマ

東京下町の石屋を営む家族を描くホームドラマ

「寺内貫太郎一家〈2〉ホームドラマの傑作」は、東京下町の石屋を営む寺内家を描いたホームドラマです。主人公は、石屋を営む寺内貫太郎とその家族です。貫太郎は頑固で口うるさい父親ですが、家族を深く愛しています。貫太郎の妻・八重は、明るく優しい母親です。貫太郎と八重の間には、長男・良一、次男・幸一、長女・明美の3人の子供がいます。良一は大学を卒業して、大手企業に就職しています。幸一は石屋を継いで、父親と一緒に働いています。明美は大学を卒業して、地元の銀行に就職しています。寺内家は、家族それぞれが抱える問題を抱えながらも、お互いを支え合いながら暮らしています。

「寺内貫太郎一家〈2〉ホームドラマの傑作」は、家族の絆や愛情を描いた作品として、多くの人々に愛されています。このドラマは、1974年にTBS系列で放送され、高視聴率を記録しました。また、1981年には続編の「寺内貫太郎一家〈3〉」が放送され、こちらも高視聴率を記録しました。

脚本:向田邦子ほか、出演:小林亜星、加藤治子、西城秀樹、悠木千帆(樹木希林)ほか

脚本:向田邦子ほか、出演:小林亜星、加藤治子、西城秀樹、悠木千帆(樹木希林)ほか

脚本は向田邦子をはじめ、小林亜星、加藤治子、西城秀樹、悠木千帆(樹木希林)らが出演した。向田邦子は、このドラマの脚本を担当するにあたって、実際に寺内貫太郎の長男である寺内貫之介氏に取材を行っている。その取材で、寺内貫之介氏が「僕にはもうひとつの家族があるんですよ」と言ったことから、向田邦子は、寺内貫太郎一家ともうひとつの家族、海野家との交流をドラマの軸に据えた。

向田邦子の脚本は、寺内貫太郎一家や海野家の人々の日常の生活や家族間のやりとりをリアルに描いたもので、視聴者から大きな支持を集めた。また、小林亜星が作曲した主題歌「寺内貫太郎一家」も大ヒットし、ドラマの人気とともに、日本中に広まった。

小林亜星は、寺内貫太郎一家で、寺内貫太郎を演じた。小林亜星は、寺内貫太郎を、飄々としていて、お人好しの父親像に仕上げている。加藤治子は、寺内貫太郎の妻、寺内わかを演じた。加藤治子は、寺内わかを、しっかり者で、口うるさい母親像に仕上げている。西城秀樹は、寺内貫太郎の長男、寺内貫之介を演じた。西城秀樹は、寺内貫之介を、反抗期真っ只中の息子像に仕上げている。悠木千帆(樹木希林)は、寺内貫太郎の妹、寺内文子を演じた。悠木千帆(樹木希林)は、寺内文子を、毒舌家で、おちゃめな叔母さん像に仕上げている。

「寺内貫太郎一家」シリーズ第2作

「寺内貫太郎一家」シリーズ第2作

「寺内貫太郎一家」シリーズ第2作は、1975年にTBS系列で放送されたホームドラマである。第1作の「寺内貫太郎一家」は、1974年に放送され、平均視聴率31.5%を記録する大ヒット作となり、社会現象にもなった。第2作は、第1作の1年後を描くもので、貫太郎一家は、相変わらず賑やかに暮らしている。

貫太郎は、相変わらず家族思いで、よく働き、よく遊ぶ父親である。妻の文子は、優しく賢い母親であり、貫太郎の良き理解者である。長男の和夫は、大学卒業後に就職し、結婚して父親になった。長女の幸江は、高校卒業後に看護師になり、貫太郎一家を支えている。次男の鉄次は、大学卒業後に会社を起業し、成功している。次女の博子は、高校卒業後にOLになり、恋人と結婚して幸せに暮らしている。

貫太郎一家は、いつも何かが起こっている賑やかな一家である。しかし、その賑やかさは、家族の絆の強さを表している。貫太郎一家は、どんなことがあっても助け合い、支え合い、家族の絆を深めていく。

タイトルとURLをコピーしました