「砂山」の歌

スポンサーリンク

「砂山」の歌

砂山とは。

「砂山」は、日本の唱歌の題名です。1922年に発表され、作詞は北原白秋、作曲は中山晋平が担当しました。1年後の1923年には、同じ歌詞に山田耕筰が曲をつけた版も発表され、こちらもよく知られています。

「砂山」ってどんな曲?

「砂山」ってどんな曲?

「砂山」ってどんな曲?

「砂山」は、1967年に発表されたザ・フォーク・クルセダーズの楽曲です。作詞・作曲は加藤和彦が行い、フォークソングとしては異例のヒットを記録しました。この曲は、戦争で命を落とした友人への鎮魂歌とも言われ、反戦歌としても知られています。歌詞は、砂山を舞台に、戦争で亡くなった友人のことを歌ったもので、切なく、悲痛な内容となっています。メロディーは、フォークソングらしいシンプルなもので、加藤和彦のボーカルも抑制された歌い方で、曲の切なさを際立たせています。また、この曲は、フォークソングとしては珍しく、ストリングスやホーンセクションを導入しているのも特徴です。

「砂山」の歌詞を調べてみよう

「砂山」の歌詞を調べてみよう

「砂山」の歌詞を調べてみよう

この歌の歌詞は、砂山の様子や、そこで遊ぶ子供たちの様子を生き生きと描いています。砂山の頂上から見下ろす景色や、砂の感触などが具体的に表現されており、読んでいるとまるで砂山にいるような気分になります。また、子供たちが砂山で遊ぶ様子も楽しげに描かれており、読んでいるとこちらも楽しくなってきます。

この歌の歌詞は、作詞家のもず唱平さんが、自身の故郷である鳥取県の砂丘を訪れた際に、その景色や子供たちの様子に感動して作ったものです。もず唱平さんは、この歌の歌詞を通して、砂山の魅力や、子供たちの楽しさを伝えたいと思ったそうです。

この歌の歌詞は、子供たちにとても人気があります。それは、この歌の歌詞が、子供たちの目線で書かれているからです。子供たちは、この歌の歌詞を読んで、まるで自分が砂山で遊んでいるような気分になります。また、この歌の歌詞には、子供たちが大好きな擬音語や擬態語がたくさん使われています。それによって、子供たちは、この歌の歌詞をより一層楽しむことができます。

「砂山」の歌を聴いてみよう

「砂山」の歌を聴いてみよう

「砂山」の歌を聴いてみよう

「砂山」の歌は、1968年に中村八大が作曲、水木かおるが作詞した楽曲です。この曲は、1969年にNHKの『みんなのうた』で放送され、大きな反響を呼びました。その歌詞の内容は、砂山の上に住む兄弟の物語で、兄貴分の少年が妹を背負って砂山を越えていく姿が描かれています。この曲は、その切なく美しいメロディーと、兄弟愛を歌った歌詞で、多くの人々に愛され続けている名曲です。

「砂山」の歌は、2018年に発売された『みんなのうた 〜つぶやきソングス〜』というアルバムにも収録されました。このアルバムには、「砂山」の歌の他に、1960年代から1970年代にかけて放送された『みんなのうた』の人気曲全30曲が収録されています。このアルバムは、当時の懐かしいメロディーを懐かしみたい方や、日本の歌謡史に興味がある方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました