山田風太郎の歴史小説「明治十手架」

スポンサーリンク

山田風太郎の歴史小説「明治十手架」

明治十手架とは。

「明治十手架」は、山田風太郎が1988年に刊行した伝奇小説である。

「明治十手架」とはどんな作品か

「明治十手架」とはどんな作品か

山田風太郎の歴史小説「明治十手架」は、明治維新直後の江戸下町を舞台に、若き侠客・山田専太郎を主人公とした物語です。専太郎は、ある日下町の片隅で見つけた一本の十手によって、明治政府に反旗を翻した新選組の生き残り集団と、政府軍の捕縛隊との間で繰り広げられる血みどろの抗争に巻き込まれていきます。

専太郎は、新選組の生き残りである島田魁と出会い、島田の侠気と信念に打たれて、共に政府軍と戦います。しかし、政府軍の圧倒的な兵力と物量の前に、新選組の生き残りは次第に追い詰められていきます。専太郎もまた、政府軍の捕縛隊に捕らえられ、極刑に処される危機に瀕します。

しかし、専太郎は間一髪のところで島田に救出され、新選組の生き残りと共に政府軍を相手に決死の戦いを挑みます。最終的に、専太郎らは政府軍を撃破し、新選組の生き残りはその名を歴史に刻むことに成功するのです。

「明治十手架」のあらすじ

「明治十手架」のあらすじ

「明治十手架」のあらすじ

明治十手架は、山田風太郎の歴史小説で、1868年の戊辰戦争から1873年の明治6年政変までの激動の時代を舞台に、薩摩藩出身の若き政治家・西郷隆盛と、彼の同志たちが、日本の近代化を目指して戦う姿を描いています。

西郷隆盛は、薩摩藩の藩士であり、戊辰戦争では官軍として戦い、江戸城を陥落させるなど、大きな功績を上げました。しかし、戦後は薩摩藩と朝廷の対立が激化し、西郷隆盛は下野して鹿児島に帰郷します。

鹿児島に帰郷した西郷隆盛は、私塾を開いて子弟を教育し、薩摩藩の近代化を図りました。また、彼は薩摩藩の他の藩士たちと協力して、明治政府の政策に反対する運動を展開しました。

1873年、明治政府は征韓論を巡って分裂し、西郷隆盛は下野した薩摩藩士たちと挙兵しました。しかし、明治政府軍の攻撃を受けて薩摩藩は敗北し、西郷隆盛は自刃しました。

「明治十手架」は、西郷隆盛の生涯を描いた歴史小説であり、激動の時代を生き抜いた彼の生きざまをリアルに描いています。

「明治十手架」の登場人物

「明治十手架」の登場人物

「明治十手架」の登場人物

山田風太郎の歴史小説「明治十手架」には、さまざまな登場人物が登場します。主人公は、明治維新後に活躍した架空の探偵、立花十兵衛です。立花十兵衛は、剣術と推理力が優れており、数々の難事件を解決していきます。

立花十兵衛のライバルは、元新撰組隊士の沖田総司です。沖田総司は、剣豪として知られており、立花十兵衛と幾度となく対決します。

立花十兵衛の協力者には、お札屋を営む娘お露と、その幼なじみである定太郎がいます。お露は、立花十兵衛に恋心を抱いており、定太郎は、立花十兵衛の助手として活躍します。

また、「明治十手架」には、明治維新後に活躍した実在の人物が多数登場します。坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文など、歴史上の著名人が数多く登場し、物語を盛り上げます。

「明治十手架」の登場人物は、それぞれが個性的で魅力的です。彼らが織りなす物語は、読者を明治維新の激動の時代に誘い、最後まで目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました