「7人の女弁護士」ドラマ解説

スポンサーリンク

「7人の女弁護士」ドラマ解説

7人の女弁護士とは。

「7人の女弁護士」とは、

1. テレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマシリーズ。2006年と2008年にそれぞれ9回と11回のシリーズが制作・放送されました。出演者は、釈由美子、野際陽子、永井大などです。1991年から1993年にかけて、同じテレビ局で賀来千香子主演により制作された「七人の女弁護士」のリメイク版です。

2. 1の第1シリーズです。2006年4月から6月までテレビ朝日系列で放送され、全9回です。出演者は、釈由美子、原沙知絵、井上和香、柴田理恵などです。

作品概要

作品概要

「作品概要」

「7人の女弁護士」は、2006年に放送された日本のテレビドラマです。7人の女性弁護士がそれぞれの得意分野を生かして、さまざまな事件を解決していくというストーリーです。主演は松下由樹、共演は田中美佐子、矢田亜希子、高島礼子、竹内結子、釈由美子、小西真奈美です。

ドラマの舞台は、東京にある法律事務所「七星法律事務所」です。この法律事務所には、7人の女性弁護士が所属しています。7人の弁護士は、それぞれ得意分野が異なり、力を合わせてさまざまな事件を解決していきます。

ドラマは、7人の弁護士の活躍とともに、彼女たちのプライベートな部分も描かれています。7人の弁護士は、それぞれに悩みや葛藤を抱えており、その姿は視聴者の共感を呼びました。

「7人の女弁護士」は、テンポのよいストーリー展開と個性的なキャラクターで人気を博し、視聴率は平均15%を超えました。また、ドラマは第28回向田邦子賞を受賞するなど、高い評価を受けました。

第1シリーズ「7人の女弁護士」

第1シリーズ「7人の女弁護士」

-第1シリーズ「7人の女弁護士」-

第1シリーズの「7人の女弁護士」は、2006年に放送された日本のテレビドラマである。7人の女性弁護士が、さまざまな事件を解決していく物語である。主演は、鈴木保奈美、常盤貴子、矢田亜希子、稲森いずみ、松下由樹、南野陽子、川島なお美である。

第1シリーズの「7人の女弁護士」は、平均視聴率15.6%、最高視聴率19.2%を記録した。また、第38回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞を受賞した。

第1シリーズの「7人の女弁護士」は、7人の女性弁護士が、それぞれ個性的なキャラクターを持ち、事件解決に向けて協力していく姿が描かれている。また、事件を通して、女性が抱える問題や社会の矛盾なども描かれている。

第1シリーズの「7人の女弁護士」は、社会派ドラマとして高い評価を得た。また、7人の女性弁護士の活躍は、多くの女性に勇気を与えた。

第2シリーズ「7人の女弁護士2」

第2シリーズ「7人の女弁護士2」

第2シリーズ「7人の女弁護士2」

「7人の女弁護士」の第2シリーズ「7人の女弁護士2」は、2019年10月から12月まで放送された日本のテレビドラマです。前作「7人の女弁護士」の続編で、引き続き7人の女弁護士が法律事務所「シーライク」で活躍する姿を描きます。

第2シリーズでは、前作に引き続き稲森いずみ、仲里依紗、菜々緒、新川優愛、松雪泰子、広瀬アリス、木下彩音が主演を務めています。また、前作から引き続き永山絢斗、小池徹平、風間俊介、田中哲司、草刈正雄らも出演しています。

第2シリーズでは、前作に引き続き7人の女弁護士たちが様々な事件を解決していきます。また、前作では描かれなかった7人の女弁護士たちの私生活にもスポットを当て、より人間味のあるドラマとなっています。

第2シリーズの最終回では、7人の女弁護士たちが大事件を解決し、「シーライク」はさらに結束を固めます。また、前作で描かれた7人の女弁護士たちの恋愛模様も決着を迎え、爽やかなラストを迎えています。

タイトルとURLをコピーしました