「こんぴら狗」の波乱に満ちた旅

スポンサーリンク

「こんぴら狗」の波乱に満ちた旅

こんぴら狗とは。

「こんぴら狗」は、今井恭子さんの児童文学作品です。2017年に出版されました。飼い主の病気平癒を祈願するため、江戸から讃岐の金毘羅まで代参に向かう犬の波乱万丈な旅を描いた歴史小説です。江戸時代に実際にあった「こんぴら狗」の風習に着想を得ています。第67回小学館児童出版文化賞と第65回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)を受賞しています。

飼い主の病気治癒祈願のため江戸から讃岐の金毘羅まで代参に向かう犬の物語

飼い主の病気治癒祈願のため江戸から讃岐の金毘羅まで代参に向かう犬の物語

小見出し 飼い主の病気治癒祈願のため江戸から讃岐の金毘羅まで代参に向かう犬の物語

昔々、江戸に太郎という男がいました。太郎は病気で床に伏しており、もう助からないと医者に宣告されていました。太郎には、忠実な犬がいて、その名はこんぴら狗でした。こんぴら狗は、太郎の病気を治すために、何かしなければと考えていました。

ある日、こんぴら狗は太郎に言いました。「主人、こんぴらが参拝に行きます。主人の病気が治りますようにと祈ってきます。」太郎は、「お前は犬だ。そんなことができるのか?」と笑いましたが、こんぴら狗は真剣でした。

こんぴら狗は、江戸から讃岐の金毘羅まで、長い旅に出ました。旅の途中、こんぴら狗は多くの困難に遭いました。川を渡ったり、山を越えたり、時には野宿をしたりしました。しかし、こんぴら狗は、太郎の病気を治すために、決してあきらめませんでした。

ついに、こんぴら狗は金毘羅に到着しました。こんぴら狗は、金毘羅の本殿に参拝し、太郎の病気が治りますようにと祈りました。そして、こんぴら狗は、江戸に帰りました。

こんぴら狗が江戸に帰ったとき、太郎は元気になっていました。太郎は、こんぴら狗に、「お前のおかげで助かった。本当にありがとう。」と言いました。こんぴら狗は、太郎の笑顔を見て、とても嬉しそうでした。

こんぴら狗の物語は、犬の忠誠心と愛情の物語です。こんぴら狗は、太郎の病気を治すために、長い旅をし、多くの困難に遭いました。しかし、こんぴら狗は、決してあきらめませんでした。こんぴら狗の物語は、私たちに勇気と希望を与えてくれます。

江戸時代に実際にあった「こんぴら狗」の風習に着想を得た歴史物語

江戸時代に実際にあった「こんぴら狗」の風習に着想を得た歴史物語

こんぴら狗は、江戸時代に実際にあった風習に着想を得て作られた歴史物語である。こんぴら狗とは、金毘羅宮(香川県琴平町)に参拝する際に、道中の安全を祈願して飼われていた犬のことである。こんぴら狗は、主人と一緒に金毘羅宮まで歩き、参拝が済むと元の飼い主の元に返されるのが一般的であった。しかし、中には、飼い主の元には戻らずに野良犬となってしまうこんぴら狗もいた。

野良犬となったこんぴら狗は、各地を放浪して各地に災いをもたらすと言われている。中には、人を襲ったり、家畜を殺したりするこんぴら狗もいた。そのため、人々はこんぴら狗を恐れ、見かけたらすぐに殺すようにしていた。

第67回小学館児童出版文化賞および第65回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)受賞

第67回小学館児童出版文化賞および第65回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)受賞

「こんぴら狗」の波乱に満ちた旅

-第67回小学館児童出版文化賞および第65回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)受賞-

重松清氏の児童書『こんぴら狗』が、第67回小学館児童出版文化賞および第65回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)を受賞した。これは、児童文学界で最も権威のある賞のひとつであり、児童向けの作品の中で優れた作品に贈られる。『こんぴら狗』は、琴平参りをしている途中に行方不明になった犬・こんぴら狗が、様々な人々の手によってたすけられ、最終的に飼い主のもとに帰っていくという物語である。

この物語は、家族の絆や命の大切さなどについて考えさせられる作品となっている。また、こんぴら狗のユーモアあふれるキャラクターも人気を博し、多くの読者に愛されている。

『こんぴら狗』は、2015年に単行本として出版され、その後、文庫本としても出版された。2018年には、映画化もされた。映画は、多くの人に好評を博し、興行収入は10億円を超えた。

『こんぴら狗』は、国内外で多くの賞を受賞している。2016年には、第61回ブルーリボン賞特別賞を受賞し、2017年には、第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。また、国際的には、2018年に第49回釜山国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。

『こんぴら狗』は、重松清氏の代表作のひとつであり、児童文学の傑作として高く評価されている。この作品は、これからも多くの読者に愛され続けるであろう。

タイトルとURLをコピーしました