007薔薇と拳銃の魅力とあらすじ

スポンサーリンク

007薔薇と拳銃の魅力とあらすじ

007薔薇と拳銃とは。

『007薔薇と拳銃』は、1960年に英国の作家イアン・フレミングによって書かれたスパイ小説です。原題は「For Your Eyes Only」で、007シリーズの短編小説集の1つです。

007薔薇と拳銃の概要と特徴

007薔薇と拳銃の概要と特徴

-007薔薇と拳銃の概要と特徴-

007薔薇と拳銃は、1983年に公開されたジェームズ・ボンド映画の12作目です。ロジャー・ムーアが4度目のボンド役を演じ、本作が最後のボンド役となりました。監督はジョン・グレンが務め、脚本はリチャード・メイボームとマイケル・G・ウィルソンが担当しました。

本作の舞台は、中米のエルサルバドルです。ボンドは、軍閥のサンチェス将軍がエルサルバドルの石油を独占しようとしていることを知り、阻止するためにエルサルバドルへと向かいます。ボンドは、サンチェス将軍の部下であるモラレス大佐と戦ったり、サンチェス将軍の情婦であるメロディア・ヘルナンデスと出会ったりしながら、サンチェス将軍の野望を阻止しようとします。

本作の特徴の一つは、ボンドカーである「フェラーリ250GTO」が登場することです。フェラーリ250GTOは、1962年に発売されたフェラーリ社のスポーツカーで、わずか365台のみが生産されました。本作では、ボンドがフェラーリ250GTOを運転して、敵の追っ手を振り切ったり、街中を疾走したりするシーンが印象的です。

もう一つの特徴は、ボンドガールであるメロディア・ヘルナンデスがセクシーで魅力的な女性であることです。メロディア・ヘルナンデスは、サンチェス将軍の情婦でありながら、ボンドに惹かれ、ボンドを助けるためにサンチェス将軍に立ち向かいます。メロディア・ヘルナンデスを演じたのは、メキシコ出身の女優、マウリシア・ロドリゲスです。ロドリゲスは、本作でセクシーで魅力的なメロディア・ヘルナンデスを好演し、世界中の男性ファンを魅了しました。

007薔薇と拳銃のあらすじ

007薔薇と拳銃のあらすじ

-007薔薇と拳銃のあらすじ-

英国情報機関MI6のエージェントであるジェームズ・ボンドは、トルコで任務を遂行中に、ソ連の美人スパイ、アニュータから竜巻作戦という秘密作戦の情報を聞き、指令本部にもたらす。竜巻作戦とは、ソ連がミサイルを英国に乱射して侵略しようとする作戦であった。ボンドは、この作戦を阻止するために、ソ連で情報を収集し、工作員を阻止する任務を負う。

ボンドは、まず、ソ連の科学者クルカンの接触を試みる。クルカンは、かつて英国国籍だったが、妻をソ連の諜報機関に殺害され、復讐のためにソ連に竜巻作戦の情報をもたらし、協力していたのだった。ボンドは、クルカンから作戦の詳細を聞き出し、ソ連のロケット基地に潜入することを決意する。

ロケット基地に潜入したボンドは、竜巻作戦の阻止に成功するが、ソ連の諜報機関に捕らえられてしまう。しかし、ボンドは、MI6の援護を受けて脱出し、英国に帰還する。英国政府は、竜巻作戦の阻止に成功したボンドを称え、彼に勲章を授与する。

007薔薇と拳銃の評価と影響

007薔薇と拳銃の評価と影響

-007薔薇と拳銃の評価と影響-

007薔薇と拳銃は、1981年に公開された007シリーズの12作目である。ロジャー・ムーアがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品であり、ボンドガールのカーラ・ミルズ役はモーリン・オハラが演じた。本作は、批評家から賛否両論を受けており、興行収入もシリーズの中では低い部類に入る。しかし、ボンドファンの中には、本作をシリーズの中で最も好きな作品に挙げる人もいる。

本作の最も評価されている点は、ロジャー・ムーアのジェームズ・ボンドである。ムーアは、本作でボンドのコミカルな一面を強調しており、それが観客に受け入れられた。また、本作のヴィランであるミルドレッド・ラード役を演じたクリストファー・ウォーケンも、その怪演で高い評価を得ている。

一方で、本作は、そのストーリーの展開が遅すぎると批判されている。また、ボンドガールのカーラ・ミルズが、あまり魅力的ではないという意見もある。

興行収入的には、本作はシリーズの中では低い部類に入る。しかし、北米だけで4200万ドルの興行収入をあげている。

本作は、007シリーズの中でも異色の作品である。しかし、そのユニークさがボンドファンに受け入れられ、カルト的な人気を誇っている。

タイトルとURLをコピーしました