魅惑のシティポップ「ブルー・ライト・ヨコハマ」の魅力

スポンサーリンク

魅惑のシティポップ「ブルー・ライト・ヨコハマ」の魅力

ブルー・ライト・ヨコハマとは。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、日本で人気のあった曲です。歌手兼女優のいしだあゆみさんが歌い、1968年に発売されました。この曲は翌年のオリコン年間シングルチャートで第3位を獲得しました。作詞は橋本淳さん、作曲は筒美京平さんです。

作詞・橋本淳、作曲・筒美京平の珠玉のコラボレーション

作詞・橋本淳、作曲・筒美京平の珠玉のコラボレーション

作詞・橋本淳、作曲・筒美京平の珠玉のコラボレーション

「ブルー・ライト・ヨコハマ」の作詞を手掛けたのは、詩人・作詞家の橋本淳。橋本は、高度経済成長期に放映されたテレビドラマや映画の主題歌や挿入歌の作詞を多く手掛け、日本を代表する作詞家として知られています。橋本による「ブルー・ライト・ヨコハマ」の歌詞は、当時流行していたいわゆる「ムード歌謡」の文脈に収まりながらも、どこか都会的な洗練された雰囲気を醸し出しています。

一方、作曲を担当したのは、日本を代表する作曲家の筒美京平。筒美は、数多くのヒット曲を世に送り出し、「ヒットメーカー」の異名を持つ人物です。筒美による「ブルー・ライト・ヨコハマ」の作曲は、アメリカのジャズやポップスを彷彿とさせる軽快で洗練されたメロディが特徴的です。橋本と筒美の珠玉のコラボレーションによって生まれた「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、流行歌でありながらも、どこか都会的な洗練された雰囲気を醸し出す、唯一無二の名曲となりました。

いしだあゆみの歌唱で表現される都会のきらめきと切なさ

いしだあゆみの歌唱で表現される都会のきらめきと切なさ

いしだあゆみの歌唱で表現される都会のきらめきと切なさ

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、いしだあゆみが歌った1968年のヒット曲である。この曲は、作詞を橋本淳、作曲を筒美京平が担当し、都会のきらめきと切なさを描いた歌詞と、いしだあゆみの透明感のある歌声が印象的な楽曲として知られている。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」の歌詞は、都会のきらびやかな夜景や、恋の喜びと悲しみを表現している。1番の歌詞では、「ブルー・ライト・ヨコハマ」というタイトルにもなっている横浜の街の夜景が描かれており、2番の歌詞では、恋に悩む女性の姿が描かれている。サビの歌詞は、「ブルー・ライト・ヨコハマ」というフレーズが繰り返され、都会のきらめきと切なさを強調している。

いしだあゆみの歌唱は、この曲の都会のきらめきと切なさを表現するのに最適である。いしだあゆみの透明感のある歌声は、都会のきらびやかさと、恋の喜びと悲しみの両方を表現することができる。また、いしだあゆみの歌唱は、この曲の歌詞に込められた切なさを強調している。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、いしだあゆみの歌唱で表現される都会のきらめきと切なさが印象的な楽曲である。この曲は、都会のきらびやかさと、恋の喜びと悲しみの両方を表現する歌詞と、いしだあゆみの透明感のある歌声が特徴的である。

オリコン年間シングルチャート第3位を獲得した名曲

オリコン年間シングルチャート第3位を獲得した名曲

オリコン年間シングルチャート第3位を獲得した名曲

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、1980年3月21日に発売された、日本のシティポップバンド「横浜銀蝿」のデビューシングルです。作詞は嵐ヨシユキ、作曲はTSUTCHINOKO。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、横浜を舞台に、夜の街で繰り広げられる男女の恋模様を歌った楽曲です。当時、横浜はディスコブームに沸いており、「ブルー・ライト・ヨコハマ」もそのブームに乗って大ヒットしました。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、オリコンチャートで最高位3位を記録し、年間シングルチャートでも第3位を獲得しました。また、この曲は「第2回日本テレビ音楽祭」でグランプリを受賞し、横浜銀蝿を一気にスターダムに押し上げました。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、横浜銀蝿の代表曲であり、シティポップの名曲としても知られています。現在でも、カラオケやライブで歌われることが多い人気曲です。

タイトルとURLをコピーしました