ビートルズ「フライング」の魅力

スポンサーリンク

ビートルズ「フライング」の魅力

フライングとは。

「フライング」は、イギリスのロックバンドであるビートルズがリリースした唯一のインストゥルメンタル曲です。1967年に放送されたテレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌として使用され、同名のサウンドトラックアルバムにも収録されています。正式に発表されたビートルズの楽曲の中では、唯一のインストゥルメンタルとなっています。4人が共同で作詞作曲しており、原題は「Flying」となっています。

ビートルズの唯一のインストゥルメンタル・ナンバー

ビートルズの唯一のインストゥルメンタル・ナンバー

ビートルズの唯一のインストゥルメンタル・ナンバー「フライング」

ビートルズは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人からなるイギリスのロックバンドです。彼らは、1960年代に世界中で爆発的な人気を博し、それ以来、世界で最も人気のあるバンドの一つであり続けています。ビートルズは、数多くのヒット曲を生み出しましたが、その中でも唯一のインストゥルメンタル・ナンバーが「フライング」です。

「フライング」は、ビートルズが1967年に発表したアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されています。この曲は、ジョージ・ハリスンが作曲したもので、彼はこの曲について、「ただリラックスして演奏しただけだ」と語っています。

「フライング」は、美しいメロディーと複雑なアレンジが特徴の楽曲です。この曲は、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどの様々な楽器が使用されており、バンドメンバー全員の演奏が光っています。また、この曲には、バグパイプやシタールなどの珍しい楽器も使用されており、それらが楽曲に独特の雰囲気を与えています。

「フライング」は、ビートルズの唯一のインストゥルメンタル・ナンバーですが、同バンドの代表曲の一つとして人気があります。この曲は、映画やテレビ番組で使用されることも多く、世界中で愛されています。

テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌

テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌

テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌

ビートルズの映画「マジカル・ミステリー・ツアー」は、1967年に公開されたテレビ映画です。この映画は、ビートルズが主演し、彼らの楽曲が多数使用されています。その中でも、「フライング」は、映画の挿入歌として使用され、大きな人気を博しました。

「フライング」は、ポール・マッカートニーが作詞・作曲した楽曲です。この楽曲は、ビートルズが飛行機で世界中を飛び回る様子を歌ったもので、軽快なメロディーと歌詞が特徴です。また、この楽曲は、ビートルズの初のサイケデリックな楽曲とも言われており、その革新的なサウンドも話題となりました。

「フライング」は、映画「マジカル・ミステリー・ツアー」だけでなく、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」にも収録されています。このアルバムは、ビートルズの最高傑作の一つとされており、「フライング」も、このアルバムを代表する楽曲の一つとして知られています。

「フライング」は、ビートルズの楽曲の中でも、最も人気のある楽曲の一つです。この楽曲は、ビートルズのライブでも頻繁に演奏され、観客を沸かせました。また、「フライング」は、多くのアーティストによってカバーされており、その人気は世界中に広がっています。

同名サウンドトラックに収録

同名サウンドトラックに収録

同名サウンドトラックに収録

ビートルズの「フライング」が収録されている同名サウンドトラックは、1967年に公開された同名映画のサントラ盤として発売されました。この映画は、ビートルズが主演したミュージカル映画で、メンバーそれぞれの個性が光る、ユニークなストーリー展開が話題となりました。サウンドトラックには、映画で使用された楽曲に加え、ビートルズの新曲やアウトテイクなどが収録されています。

中でも、タイトル曲の「フライング」は、ビートルズの代表曲のひとつとして知られ、世界中で愛されています。この曲は、ジョン・レノンによって書かれ、美しいメロディと歌詞が特徴的です。ビートルズのメンバー全員のボーカルが重なり合うコーラスは、まさに圧巻の一言です。

また、サウンドトラックには、「ブルー・ジェイ・ウェイ」「アイム・ルージング・ユー」「ヘイ・ブルドッグ」など、ビートルズの他の名曲も収録されています。これらの曲は、映画の中で重要な役割を果たしており、映画のストーリーをより一層盛り上げています。

ビートルズの「フライング」が収録されている同名サウンドトラックは、ビートルズファンにとってはもちろんのこと、映画ファンにとっても必聴のアルバムです。ビートルズの音楽と映画が見事に融合した、珠玉の作品と言えます。

タイトルとURLをコピーしました