「メグレとしっぽのない子豚」の魅力

スポンサーリンク

「メグレとしっぽのない子豚」の魅力

メグレとしっぽのない子豚とは。

「メグレとしっぽのない子豚」は、ベルギーの作家ジョルジュ・シムノンが1950年に発表したミステリー短編集です。フランス語の原題は《Maigretetlespetitscochonssansqueue》です。この本は、「メグレ警部(警視)」シリーズの一作です。

謎めいた事件の真相

謎めいた事件の真相

メグレ警視の推理と事件の核心に触れる。

謎めいた事件の真相は、ある古い屋敷に隠されていた。屋敷の主人は、かつてメグレ警視の同僚だった男だった。彼は、退職後に屋敷を購入し、そこで隠遁生活を送っていた。事件の発生後、メグレ警視は屋敷を捜索し、そこで重要な手がかりを発見する。それは、屋敷の地下室に隠されていた大量の金塊だった。金塊は、かつて屋敷の主人が盗み出したもので、彼はそれを隠し場所に移して隠していたのだ。メグレ警視は、金塊を発見したことで、事件の真相に迫っていく。彼は、屋敷の主人が何者かに殺害され、金塊を盗まれたことを突き止める。そして、犯人は屋敷の主人の娘婿だったことを暴く。娘婿は、金塊を盗むために義父を殺害し、屋敷から逃走していたのだ。メグレ警視は、娘婿を追跡し、彼を逮捕する。こうして、謎めいた事件の真相は解明された。

メグレ警部の鮮やかな推理

メグレ警部の鮮やかな推理

「メグレとしっぽのない子豚」では、メグレ警部の鮮やかな推理が随所に光る。その一つが、事件の鍵となる子豚のしっぽに関する謎だ。子豚のしっぽは元々は茶色だったが、事件現場では黒く染められていた。このことからメグレ警部は、犯人は子豚を売るためにしっぽを黒く染めたのだと推理する。

また、メグレ警部は、犯人が子豚を売るために偽造した書類にも着目する。書類には、子豚の生年月日や性別などが記載されていたが、メグレ警部は、これらの情報が偽物であることを見抜く。さらに、書類には、子豚の名前が「ピエール」と書かれていたが、メグレ警部は、子豚の名前は「フランソワ」であることを見抜く。

これらの推理から、メグレ警部は、犯人が子豚を売るために偽造した書類を使って子豚を売ろうとしたのだと結論づける。そして、犯人を逮捕し、事件を解決する。

メグレ警部の鮮やかな推理は、この作品の大きな魅力の一つである。読者は、メグレ警部の推理に驚き、感心することだろう。

タイトルとURLをコピーしました