「悪魔のような女」の魅力

スポンサーリンク

「悪魔のような女」の魅力

悪魔のような女とは。

赤川次郎氏作のミステリー連作短編集「悪魔のような女」は、1981年に刊行されました。

「悪魔のような女」の概要

「悪魔のような女」の概要

「悪魔のような女」の概要

「悪魔のような女」とは、1966年に公開された日本映画である。監督は市川崑、脚本は石坂洋次郎、出演は京マチ子、仲代達矢、岩下志麻など。

物語は、小さな町で夫と娘と3人で暮らす人妻・高野照子(京マチ子)を中心に展開していく。照子は、夫の勝之進(仲代達矢)とは大学時代の同級生で、親に反対されながらも結婚した。しかし、勝之進は照子と結婚した後も浮気を繰り返しており、照子はそれを知ってはいたが、娘のためにも離婚はしたくなかった。

ある日、照子は勝之進の浮気相手である水原早苗(岩下志麻)と出会い、早苗に勝之進を略奪された。照子は勝之進を取り戻すべく、早苗に復讐することを決意する。照子は、早苗を罠にかけ、早苗の浮気を夫にばらす。その結果、早苗は夫から離婚され、社会的地位を失うことになった。

照子は勝之進を取り戻すことに成功したが、幸せにはなれなかった。勝之進は照子を愛してはいたものの、早苗への想いを断ち切ることができなかった。照子は、勝之進の浮気を疑い続け、勝之進と喧嘩を繰り返した。最終的に、照子は勝之進と離婚し、娘を連れて町を去った。

「悪魔のような女」は、愛と復讐をテーマにしたサスペンス映画である。京マチ子と仲代達矢の演技が光り、石坂洋次郎の脚本も秀逸である。公開当時は物議を醸したが、現在では日本の映画史に残る名作として評価されている。

「悪魔のような女」の登場人物

「悪魔のような女」の登場人物

「悪魔のような女」の登場人物

「悪魔のような女」の登場人物は、それぞれが個性的で魅力的なキャラクターです。主人公の氷室雪菜は、一見するとクールで無愛想な女性ですが、実はとても情熱的で愛情深い一面を持っています。また、雪菜の親友である西崎歩は、明るく元気な性格で、雪菜の良き相談相手です。そして、雪菜と歩の幼馴染である峰岸徹は、雪菜のことを密かに想う優しさと強さを持った男性です。

この3人の登場人物以外にも、「悪魔のような女」には多くの魅力的なキャラクターが登場します。雪菜の母親である氷室夏希は、雪菜のことを溺愛するあまり、時には過干渉になってしまうこともありますが、娘を思う気持ちは誰よりも強いです。また、雪菜の父親である氷室宏は、娘のことを厳しく指導する父親ですが、雪菜の才能を誰よりも認めています。

「悪魔のような女」の登場人物は、それぞれが抱える悩みや葛藤を抱えながらも、強く生きる姿を見せてくれます。そんな彼らの生き方に共感し、勇気づけられる読者は多いのではないでしょうか。

「悪魔のような女」の結末

「悪魔のような女」の結末

「悪魔のような女」の結末

「悪魔のような女」は、多くの人々を魅了する物語です。その結末は、人によって解釈が異なるでしょう。ある人は、主人公が罰せられることで物語に幕を閉じると考えるかもしれません。またある人は、主人公が救われることで物語に幕を閉じると考えるかもしれません。しかし、どちらにしても「悪魔のような女」の結末は、読者に強い印象を残すことでしょう。

物語の結末で、主人公は自分のしたことに対して罰せられます。主人公は、夫と愛人を殺害した罪で死刑を宣告されます。しかし、主人公は最後まで自分の犯した罪を認めず、死刑執行の直前まで無実を主張します。主人公の死刑執行は、人々に大きな衝撃を与えます。主人公は、世間の同情を集め、死刑執行は不当であると考える人も少なくありません。しかし、主人公の死は、彼女の犯した罪の償いであると考える人もいます。

主人公の死後、彼女の夫と愛人は彼女の墓を訪れます。彼らは、主人公の墓前で彼女に許しを乞います。主人公の夫は、主人公を愛していたことを告げ、主人公の愛人は、主人公を裏切ったことを後悔していることを告げます。主人公の墓は、人々が彼女を偲ぶ場所となり、彼女に花を手向ける人も少なくありません。

「悪魔のような女」は、人間の心の闇を描いた物語です。主人公は、夫と愛人を殺害するという罪を犯しますが、最後まで自分の罪を認めず、無実を主張します。主人公の死は、人々に大きな衝撃を与えますが、彼女の死は、彼女の犯した罪の償いであると考える人もいます。「悪魔のような女」は、人間の心の闇を描いた物語であり、その結末は、人々に強い印象を残すことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました