伝説の演劇「ハーメルンの鼠」の魅力

スポンサーリンク

伝説の演劇「ハーメルンの鼠」の魅力

ハーメルンの鼠とは。

「ハーメルンの鼠」は、日本の演劇作品です。1976年12月、唐十郎作、佐藤信演出のもと、劇団第七病棟の旗揚げ公演として初演されました。公演会場は、東京都江東区の老朽化のため閉鎖していた映画館、砂町富士館でした。

劇団第七病棟の旗揚げ公演

劇団第七病棟の旗揚げ公演

劇団第七病棟の旗揚げ公演

劇団第七病棟は、2022年に旗揚げされた新進気鋭の劇団です。その第一回公演として、伝説の演劇「ハーメルンの鼠」を上演します。この公演は、劇団第七病棟の今後の活躍を占う重要な公演となります。

「ハーメルンの鼠」は、ドイツのメルヘンを題材にした演劇です。13世紀のドイツのハーメルンという町で、笛吹き男がネズミを退治したという物語です。笛吹き男は、町の人々から報酬を受け取ることを条件に、街の鼠を笛の音色で連れ出し、街の外で溺死させます。しかし、報酬を受け取ることを拒否した彼は、今度は街の子供たちを笛の音色で連れ出して姿を消してしまいます。

「ハーメルンの鼠」は、何度も舞台化された人気の演劇です。劇団第七病棟の公演では、この物語を現代風にアレンジして上演します。現代の社会問題を反映させたストーリーと、斬新な演出で、観客に驚きと感動を与えてくれることでしょう。

劇団第七病棟は、若手俳優を中心に結成された劇団です。メンバーは、演技力はもちろん、歌唱力やダンスのスキルにも優れています。旗揚げ公演では、その実力を遺憾なく発揮し、観客を魅了してくれることでしょう。

「ハーメルンの鼠」は、誰もが知っている物語ですが、劇団第七病棟の公演は、その物語に新たな息吹を吹き込むことでしょう。伝説の演劇を現代風にアレンジしたこの公演は、必見です。

老朽化して閉鎖していた映画館、砂町富士館

老朽化して閉鎖していた映画館、砂町富士館

砂町富士館は、東京都江東区にあった映画館である。1929年に開館し、1970年代までは映画館として営業していたが、老朽化のため閉鎖されていた。

2016年、砂町富士館の跡地を利用して、演劇「ハーメルンの鼠」の上演が決定した。この演劇は、13世紀にドイツのハーメルンで起こったとされる出来事を題材にしたもので、笛吹きの男が町の子供たちをさらっていくという物語である。

演劇「ハーメルンの鼠」は、砂町富士館の閉鎖以来、初めてこの場所で上演される演劇である。そのため、地域住民の間には大きな期待感があった。そして、演劇の上演は大成功を収め、多くの観客が詰めかけた。

演劇「ハーメルンの鼠」の魅力は、なんといってもその迫力ある演出である。舞台上では、笛吹きの男が笛を吹き鳴らし、子供たちがそれに合わせて踊り狂う。また、舞台の上空には、子供たちがさらわれていく様子が映し出される。その映像は、まるで子供たちが本当にさらわれていくかのようなリアルさで、観客を圧倒した。

また、演劇「ハーメルンの鼠」の魅力は、そのメッセージ性にもある。この演劇は、子供たちの純粋な心を大切にすることの大切さを訴えている。また、人間の欲深さやエゴイズムの怖さについても警鐘を鳴らしている。

演劇「ハーメルンの鼠」は、老朽化して閉鎖していた映画館、砂町富士館に再び命を吹き込んだ。そして、この演劇は、地域住民に大きな感動を与えた。

唐十郎の作、佐藤信の演出

唐十郎の作、佐藤信の演出

「唐十郎の作、佐藤信の演出」

伝説の演劇「ハーメルンの鼠」は、唐十郎が作、佐藤信が演出を手掛けた作品です。1969年に初演され、今日まで多くの観客を魅了し続けています。

唐十郎は、劇団「状況劇場」の主宰者であり、日本のアングラ演劇の旗手として知られています。彼の作品は、社会や権力への鋭い批判精神と、独自の言語感覚が特徴です。

佐藤信は、演出家、俳優として活躍しており、「状況劇場」のメンバーとしても活躍しました。彼の演出は、唐十郎の作風に寄り添いながら、独自の解釈を加えたもので、常に観客に新鮮な驚きを与えています。

「ハーメルンの鼠」は、ドイツの民話「ハーメルンの笛吹き男」を題材にした作品です。笛吹き男は、ハーメルンの街で大量発生したネズミを退治するためにやって来ますが、ネズミを退治した後、報酬を支払わない街の人々に怒り、街中の子供たちを笛の音で誘拐してしまいます。

この作品は、民話をベースにしながらも、唐十郎独自の視点で現代社会を批判しています。唐十郎は、笛吹き男を権力の象徴として描き、街の人々を権力に盲従する国民として描いています。そして、子供たちの誘拐は、権力によって国民の自由が奪われることの象徴として描かれています。

「ハーメルンの鼠」は、初演以来、多くの劇団によって上演され、常に高い評価を受けています。この作品は、唐十郎の作風と佐藤信の演出が融合した、珠玉の演劇作品です。

タイトルとURLをコピーしました