怒りの山|英国作家ハモンド・イネスの名作冒険小説

スポンサーリンク

怒りの山|英国作家ハモンド・イネスの名作冒険小説

怒りの山とは。

「怒りの山」とは、イギリスを代表する作家、ハモンド・イネスの冒険小説である。1950年に出版され、原題は「The Angry Mountain」である。

「怒りの山」とはどんな話?

「怒りの山」とはどんな話?

「怒りの山」は、英国作家ハモンド・イネスの名作冒険小説です。1955年に発表され、世界中でベストセラーとなりました。この小説は、南米アンデス山脈を舞台に、行方不明になった調査隊を探して危険な山に挑む二人の男の物語です。

物語は、若い技術者であるデイビッド・フェアチャイルドが、南米アンデス山脈にある銅鉱山で働くために派遣されることから始まります。しかし、フェアチャイルドが目的地に到着したとき、彼は調査隊が全員行方不明になっていることを知ります。調査隊は、山で新しい鉱脈を探査していましたが、嵐に巻き込まれて消息を絶ったのです。

フェアチャイルドは、調査隊を探して山に登ることを決意します。彼は、山岳ガイドのアンデス・ペレスと出会い、二人で協力して山を登り始めます。しかし、山は想像以上に険しく、二人は様々な困難に遭遇します。嵐、雪崩、岩崩れ、そして野生動物の襲撃など、彼らは常に命の危険にさらされます。

さらに、二人は山の中で謎の組織と遭遇します。その組織は、調査隊が行方不明になった原因を知っており、二人を殺してその秘密を隠そうとします。フェアチャイルドとペレスは、組織の追跡をかわしながら、調査隊の行方を追います。

やがて、二人は調査隊の遭難現場にたどり着きます。しかし、調査隊のメンバーは全員死亡しており、彼らの死因は謎のままです。フェアチャイルドとペレスは、調査隊の死の真相を解明するために、さらに山を登り続けます。

そしてついに、二人は調査隊が行方不明になった原因を知ることになります。それは、山の中に隠された古代の遺跡でした。遺跡の中には、恐ろしい怪物が住んでおり、調査隊は怪物に襲われて死亡したのです。フェアチャイルドとペレスは、怪物と戦いながら山を登り続け、ついに山頂に到達します。そして、二人は怪物に勝利し、調査隊の死の真相を解明します。

「怒りの山」の登場人物たち

「怒りの山」の登場人物たち

「怒りの山」の登場人物たちは、それぞれがユニークな個性と背景を持ち、物語に深みを与えています。主人公のロバート・マシューズは、若い地質学者で、鉱山を探すために危険な山に足を踏み入れます。彼は勇敢で決意に満ちていますが、同時に未熟で経験不足でもあります。

もう一人の重要な登場人物であるジョー・ペレットは、マシューズと共に山に登るベテランの登山家です。彼は知識豊富で頼りになる存在ですが、頑固で融通が利かない一面もあります。マシューズとペレットは、山の厳しい自然環境や、山に潜む危険な生き物たちと戦いながら、次第に友情を深めていきます。

他にも、マシューズとペレットの前に立ちはだかる強欲な鉱山会社社長のラッセルや、マシューズの恋人で彼の冒険を支えるアンナなど、魅力的な登場人物が数多く登場します。彼らはそれぞれが物語の中で重要な役割を果たし、読者に強い印象を残します。

「怒りの山」は、登場人物たちの成長と友情、そして山の厳しさと美しさを描いた冒険小説の傑作です。読者は、マシューズとペレットと一緒に山を登り、彼らの冒険を疑似体験することでしょう。

「怒りの山」の舞台となった場所

「怒りの山」の舞台となった場所

「怒りの山」の舞台となった場所は、ノルウェーの小さな町、ロフォーテン諸島です。この町は、険しい山々と深い森に囲まれた、美しい景観を持つ場所です。しかし、この町には、それ以上に人々の心を惹きつけるものがありました。それは、この町に伝わる伝説でした。

その伝説とは、この町に隠された財宝に関するものでした。その財宝は、バイキングの首領が、敵から逃れるために隠したものでした。財宝は、この町のどこかに隠されており、それを探すために多くの人々がこの町を訪れてきました。

「怒りの山」の主人公であるビル・マニングも、この財宝を探してロフォーテン諸島を訪れた一人でした。ビルは、この町で、地元の女性であるモーラと出会い、二人は恋に落ちました。しかし、この町には、ビルとモーラの恋を邪魔するものがいました。それは、この町の富豪であるスヴェンソンでした。スヴェンソンは、モーラに横恋慕しており、ビルを邪魔者として排除しようとしていました。

ビルとスヴェンソンは、財宝をめぐって争いを繰り広げました。そして、その争いは、やがてこの町の運命を大きく変えることになりました。

タイトルとURLをコピーしました