「君恋し」の魅力とあらすじ

スポンサーリンク

「君恋し」の魅力とあらすじ

君恋しとは。

「君恋しとは、TBS系列で放映された日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場枠にて、1976年8月から10月まで全45回放送。松本留美、川津祐介らが出演。」

「君恋し」とは?

「君恋し」とは?

「君恋し」とは?

「君恋し」は、2020年10月から放送された日本のテレビドラマです。森下佳子が脚本を手がけ、平川雄一朗が監督を務めました。主演は波瑠と松坂桃李です。

このドラマは、地方都市を舞台に、幼なじみの男女が再会し、恋に落ちる姿を描いたラブストーリーです。波瑠演じる主人公の矢崎莉央は、大学卒業後、地元の信用金庫に就職します。松坂桃李演じる幼なじみの吉川一成は、東京で医師として働いていますが、莉央のことが忘れられずに、地元に戻ってきます。

莉央と一成は、再会してすぐに意気投合し、交際をスタートさせます。しかし、莉央は一成が東京に戻らなければならないことを知っており、二人の関係はすぐに破局してしまいます。

莉央と一成は、その後も何度も再会し、そのたびに恋心が再燃します。しかし、二人は様々な障害に阻まれ、なかなか結ばれることができません。

「君恋し」は、切ないラブストーリーでありながら、莉央と一成の強い絆を描いた感動的なドラマです。波瑠と松坂桃李の熱演も見どころのひとつです。

「君恋し」のあらすじ

「君恋し」のあらすじ

「君恋し」のあらすじ

「君恋し」は、大正時代を舞台としたラブストーリーです。主人公は、東京の大学を卒業し、故郷の岡山県に戻ってきた青年、石田太郎。太郎は、幼馴染の少女、花子と再会し、彼女に一目惚れをします。しかし、花子はすでに、地元の名士の息子である一郎と婚約しており、太郎は失恋してしまいます。

太郎は、傷心のあまり、岡山を離れ、東京に戻ります。そこで、彼は、大学時代の友人である岡田健介と再会し、健介の紹介で、出版社に就職します。太郎は、出版社で働きながら、花子のことを忘れようと努力しますが、なかなかうまくいきません。

ある日、太郎は、花子が一郎と婚約を解消し、東京に出てきたことを知ります。太郎は、花子に会いに行き、自分の気持ちを伝えます。花子も、太郎の気持ちに応えてくれ、二人は結ばれます。

太郎と花子は、結婚し、幸せな家庭を築きます。しかし、二人の幸せは長くは続きませんでした。太郎は、病気を患い、若くして亡くなってしまいます。花子は、太郎の死後も、太郎のことを忘れずに、一人で子供を育て上げました。

「君恋し」の見どころ

「君恋し」の見どころ

「君恋し」の見どころ

「君恋し」は、切ないラブストーリーが魅力の映画です。主人公の2人は、お互いに惹かれ合いながらも、すれ違いを繰り返してしまいます。そんな2人の姿に、觀眾は胸を締め付けられます。

本作の見どころは、なんといっても主人公2人の演技です。特に、ヒロインを演じた女優は、繊細な演技で観客を魅了しています。彼女の切ない表情や涙には、誰もが共感することでしょう。

また、本作は美しい映像美でも話題になりました。ロケ地である北海道の雄大な自然が、2人の恋をより一層盛り上げています。特に、ラストシーンの2人が抱き合うシーンは、とても印象的です。

「君恋し」は、切ないラブストーリーが好きな人におすすめの映画です。主人公2人の演技と美しい映像美に、きっと魅了されることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました