「ぼくたちは勉強ができない」の魅力

スポンサーリンク

「ぼくたちは勉強ができない」の魅力

ぼくたちは勉強ができないとは。

「ぼくたちは勉強ができない」は、筒井大志によるラブコメ漫画です。勉強が苦手な高校生が、特待生の推薦をもらうために、同級生の美少女たちに勉強を教えることになります。この漫画は、『週刊少年ジャンプ』で2017年から2020年まで連載され、単行本は全21巻です。

個性豊かなキャラクター

個性豊かなキャラクター

「ぼくたちは勉強ができない」の魅力の一つとして、個性豊かなキャラクターが挙げられます。主人公の唯我成幸は、勉強は苦手だが、仲間思いの熱血漢。ヒロインの古橋文乃は、成績優秀でクールな美少女。緒方理珠は、活発で天真爛漫な女の子。武元うるかは、お嬢様育ちでツンデレな性格。花園ゆりねは、天然でマイペースな少女。

これらのキャラクターは、それぞれに異なる個性を持っていて、物語の中で活躍しています。例えば、唯我成幸は、仲間思いの熱血漢なので、困っている人がいるとすぐに行動を起こします。古橋文乃は、成績優秀でクールな美少女ですが、実は天然な一面も持っています。緒方理珠は、活発で天真爛漫な女の子ですが、時々空気を読まずに行動してしまうこともあります。武元うるかは、お嬢様育ちでツンデレな性格ですが、実は仲間思いの優しい女の子です。花園ゆりねは、天然でマイペースな少女ですが、実は鋭い洞察力を持っています。

これらの個性豊かなキャラクター達が、織りなす物語は、とても面白く、読者を楽しませてくれます。また、キャラクター達それぞれの成長や変化も見どころの一つです。唯我成幸は、仲間の大切さを知り、成長していきます。古橋文乃は、クールな一面だけでなく、天然な一面も受け入れていきます。緒方理珠は、空気を読むことを覚えて、成長していきます。武元うるかは、ツンデレな性格を克服し、仲間との絆を深めていきます。花園ゆりねは、マイペースな性格を活かして、仲間を助けていきます。

キャラクター達の成長や変化を見守るのも、「ぼくたちは勉強ができない」の楽しみの一つです。

ラブコメ要素が満載

ラブコメ要素が満載

「ぼくたちは勉強ができない」の魅力の一つは、ラブコメ要素が満載であることです。この作品は、文系クラスと理系クラスに分かれた高校を舞台に、文系クラスの優等生・古橋文乃と理系クラスの優等生・桐須真冬、それに文系クラスの不良・武元うるしと理系クラスの不良・緒方理珠の4人を中心としたラブコメディです。

文乃と真冬は、互いに成績を競い合うライバルですが、次第に惹かれ合っていきます。うるしと理珠は、最初は犬猿の仲でしたが、やがて恋に落ちます。この4人の恋模様が、読者にドキドキワクワクを与えてくれます。

また、「ぼくたちは勉強ができない」には、サブキャラクターたちも魅力的です。文乃の親友である小美浪あすみは、いつも元気で明るい性格。真冬の幼なじみである西村太希は、お調子者で女好きな性格です。うるしの親友である大和田秀樹は、クールで無口な性格。理珠の親友である上杉陸は、おっとりした性格です。

これらのサブキャラクターたちが、物語に彩りを添えてくれます。ラブコメ要素が満載で、サブキャラクターたちも魅力的な「ぼくたちは勉強ができない」は、男女問わず楽しめる作品です。

勉強を頑張る姿が描かれている

勉強を頑張る姿が描かれている

「ぼくたちは勉強ができない」は、勉強を頑張る姿が描かれているのが魅力です。主人公の文乃は、成績が良くないながらも、家庭教師の助けを借りながら、勉強に励んでいます。文乃は、勉強が苦手な科目があっても、決して諦めず、努力を重ねています。また、文乃の友人である秀一も、勉強に励んでいます。秀一は、文乃とは対照的に、成績が優秀ですが、常に努力を怠りません。文乃と秀一の姿は、読者に勉強の大切さを訴えています。

「ぼくたちは勉強ができない」は、勉強を頑張る姿が描かれているだけでなく、友情や恋も描かれています。文乃は、秀一と出会い、恋に落ちます。二人の恋は、紆余曲折を経ながらも、最終的には実ります。また、文乃と秀一は、互いに支え合いながら、勉強を頑張っています。二人の友情は、読者に勇気を与えます。

タイトルとURLをコピーしました