ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」の魅力

スポンサーリンク

ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」の魅力

泣いちゃいそう冬とは。

「泣いちゃいそう冬」は、2013年に発売された日本のポピュラー音楽です。歌は女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が担当し、作詞・作曲は広瀬香美が手掛けました。

広瀬香美による珠玉のバラード

広瀬香美による珠玉のバラード

小見出し「広瀬香美による珠玉のバラード」

 ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」を作詞・作曲したのは、冬の名曲を多数生み出してきた広瀬香美です。広瀬香美は、1992年に「ロマンスの神様」でデビューし、その後も「冬景色」「ゲレンデがとけるほど恋したい」など、数々のヒット曲をリリースしています。広瀬香美の楽曲は、冬ならではの切なさや温かさを表現した歌詞と、美しいメロディーが特徴です。

 広瀬香美が作詞作曲したももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」も、冬の情景を美しい言葉で紡いだ歌詞と、切なくも温かいメロディーが印象的な楽曲です。歌詞には、「雪が降る街並み」「凍える手」「温かいマフラー」など、冬の季節を連想させるものがたくさん登場します。また、サビでは「泣いちゃいそう冬」というフレーズが繰り返され、冬の寒さや寂しさに思わず涙を流してしまいそうになる切ない気持ちを表現しています。

 広瀬香美が作詞作曲したももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」は、冬の季節にぴったりな珠玉のバラードです。広瀬香美の特徴である、冬ならではの切なさや温かさを表現した歌詞と、美しいメロディーが印象的な楽曲です。冬の寒い季節に、この曲を聴いて心温まるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ももクロの力強い歌声が沁みる

ももクロの力強い歌声が沁みる

ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」は、誰もが経験する冬特有の切なさや寂しさを歌った曲です。その魅力はなんと言ってもももクロの力強い歌声にあります。ももクロの4人のメンバーは、それぞれの個性ある歌声を活かしてこの曲を歌い上げ、冬の寒さや切なさを存分に表現しています。

特に、サビの部分では4人の歌声が重なり合い、まるで雪が降り積もる様子を表現しているかのようです。また、間奏部分では、ももクロのメンバーがそれぞれソロパートを歌い、冬の景色をより美しく、より切なく表現しています。この曲の歌詞は、冬ならではの情景を鮮やかに描き出しており、ももクロの歌声と相まって、聴く人を冬の景色の中に連れて行ってくれます。

MVの雪景色が美しい

MVの雪景色が美しい

ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」のMVは、雪景色の中で撮影された美しい映像作品です。雪が降り積もる中をメンバーが歩き、雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりと、冬の楽しさを満喫している様子が描かれています。特に、雪景色をバックに歌うメンバーの表情は、とても印象的です。雪の冷たさと、冬の切なさが伝わってくるような、そんな表情です。また、MVの中には、メンバーが雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりする様子も映し出されています。これらのシーンは、冬の楽しさを表現しており、見ているこちらも心が温かくなります。

また、MVには、メンバーが雪景色の中で歌っているシーンも映し出されています。このシーンでは、メンバーの表情が非常に印象的です。雪の冷たさと、冬の切なさが伝わってくるような、そんな表情です。メンバーの歌声も、雪景色に溶け込んで、とても美しく響きます。

ももクロの冬ソング「泣いちゃいそう冬」のMVは、雪景色の中で撮影された美しい映像作品です。雪の冷たさと、冬の切なさ、そして冬の楽しさが表現された、とても素敵なMVです。メンバーの表情も非常印象的で、見ているこちらも心が温かくなります。

タイトルとURLをコピーしました