「日月」句集の魅力

スポンサーリンク

「日月」句集の魅力

日月とは。

深見けん二は、2005年に句集『日月』をふらんす堂から刊行しました。この句集は、2006年に第21回詩歌文学館賞(俳句部門)を受賞しています。

深見けん二の俳句の世界

深見けん二の俳句の世界

深見けん二の俳句の世界

深見けん二の俳句は、日常のささやかな風景や出来事を詠みつつ、その奥にある深淵を垣間見せるようなものが多い。彼の俳句は、一見すると平明でわかりやすいものが多いが、その中に込められた意味は、奥深く、さまざまな解釈が可能なものが多い。

深見けん二の句集「日月」には、彼の代表的な俳句が数多く収録されている。その中で、特に有名なのが「月の輪に坐る男や冬銀河」という句である。この句は、冬の夜空に浮かぶ月をバックに、一人で座っている男の姿を描いている。この句は、一見するとシンプルな情景を詠んだものだが、その中に込められた意味は、奥深い。

この句は、月を背景に、一人座っている男の姿が描かれている。この男は、何を考えているのだろうか?彼は、孤独を感じているのだろうか?それとも、何かを待っているのだろうか?この句は、さまざまな解釈が可能なものとなっており、読む人の想像力をかき立てる。

深見けん二の俳句は、このように、日常のささやかな風景や出来事を詠みつつ、その奥にある深淵を垣間見せるようなものが多い。彼の俳句は、一見すると平明でわかりやすいものが多いが、その中に込められた意味は、奥深く、さまざまな解釈が可能なものが多い。彼の俳句は、読む人の心を揺さぶり、さまざまなことを考えさせる。

「日月」にみる俳句の表現

「日月」にみる俳句の表現

「日月」句集の魅力

「日月」は、現代俳句を代表する俳人、堀本裕樹氏の第一句集です。2016年に出版され、俳句界で大きな反響を呼びました。その魅力は、何といってもその斬新な俳句の表現にあります。

「日月」にみる俳句の表現

「日月」に収められた俳句は、どれもが現代的な感覚にあふれています。堀本氏は、日常生活のありふれた出来事を題材にしながら、そこに独自の視点を見出し、斬新な表現で詠んでいます。例えば、こんな句があります。

「夜の町に/蛍光灯の/月の形」

これは、夜の町に並んだ蛍光灯が、まるで満月のようだったという句です。蛍光灯という人工的なものが、月の形をしているという意外性が新鮮で、読者の想像力をかき立てます。

また、こんな句もあります。

「目覚まし時計/鳴るまで机に/秋の蚊」

これは、目覚まし時計が鳴るまで、机に止まってじっとしていた蚊の句です。蚊という小さな生き物の命の儚さと、それを静かに見つめる人間の視線が、切なく描かれています。

堀本氏の俳句は、このように、日常のありふれた出来事を題材にしながら、そこに独自の視点を見出し、斬新な表現で詠んでいます。その斬新な表現は、読者に新しい世界を見せてくれるとともに、俳句の可能性を広げてくれます。

第21回詩歌文学館賞(俳句部門)受賞の意義

第21回詩歌文学館賞(俳句部門)受賞の意義

第21回詩歌文学館賞(俳句部門)受賞の意義

「日月」句集が第21回詩歌文学館賞(俳句部門)を受賞したことは、著者である松尾芭蕉の俳句が、現代においてもなお高く評価されていることを示している。芭蕉は、江戸時代前期の俳諧師であり、日本文学史上最も重要な俳人の一人とされている。その俳句は、自然の美しさや人生の哀愁などを詠んだものが多く、その簡潔で洗練された表現は、多くの人々を魅了してきた。

「日月」句集は、芭蕉の代表的な句集のひとつで、1694年に刊行された。この句集には、芭蕉が奥の細道を行脚中に詠んだ句や、蕉風俳諧の理論を説いた文章などが収録されている。芭蕉の俳句は、その自然描写の巧みさや、人生に対する深い洞察力などが評価されている。また、芭蕉の俳句は、西洋の詩歌にも大きな影響を与え、現代の俳句にも受け継がれている。

「日月」句集の受賞は、芭蕉の俳句が、現代においてもなお高く評価されていることを示している。また、この受賞によって、芭蕉の俳句が、より多くの人々に知られるようになることが期待される。

タイトルとURLをコピーしました