「ザ・ファブル」漫画と映画の魅力

スポンサーリンク

「ザ・ファブル」漫画と映画の魅力

ザ・ファブルとは。

「ザ・ファブル」とは、
1. 南勝久による漫画作品です。ボスから1年間の休業を命じられた天才的な殺し屋の男性が、一般人としてその間に暮らしていく中で周囲の人々のトラブルを密かに解決していく物語です。「ヤングマガジン」2014年第49号より連載され、2019年に第1部が完結しました。2017年に第41回講談社漫画賞(一般部門)を受賞し、続編に「ザ・ファブルThesecondcontact」があります。
2. 2019年公開の日本映画です。監督は江口カン、出演者は岡田准一、木村文乃、山本美月らです。1.の漫画作品を原作とした実写映画作品です。

漫画「ザ・ファブル」の世界観と魅力

漫画「ザ・ファブル」の世界観と魅力

漫画「ザ・ファブル」は、2014年から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されている、南勝久による日本の漫画作品です。裏社会で「ファブル」と呼ばれ恐れられる伝説の殺し屋、佐藤明が、組織から身を隠し、大阪で普通の人生を送るために奮闘する姿を描いた作品です。

本作の魅力は、何といっても主人公の佐藤明のキャラクターにあります。佐藤は、裏社会では冷酷無比な殺し屋ですが、一般社会では人懐っこい笑顔を見せるという二面性を持っています。また、佐藤は、一般社会での新しい生活に戸惑いながらも、徐々に周りの人々との交流を深めていき、成長していく姿が描かれています。

また、本作は、佐藤を取り巻くキャラクターたちも魅力的です。佐藤の相棒であるヨウコは、裏社会で情報屋として活動する女性で、佐藤に協力して一般社会での生活をサポートします。また、佐藤が出会う人々も、それぞれの個性を持っており、佐藤の成長に大きな影響を与えていきます。

このように、漫画「ザ・ファブル」は、魅力的なキャラクターと、社会では冷酷無比な殺し屋だが、一般社会では人懐っこい笑顔を見せる佐藤の姿が描かれた作品です。佐藤の成長物語としても楽しめる作品です。

映画「ザ・ファブル」のキャスト陣と見どころ

映画「ザ・ファブル」のキャスト陣と見どころ

映画「ザ・ファブル」のキャスト陣と見どころ

映画「ザ・ファブル」は、南勝久による人気漫画を原作としたアクションコメディ映画である。映画は、伝説の殺し屋「ファブル」が、一般人として生きるために大阪で平穏な生活を送ることを余儀なくされるというストーリーである。

映画のキャスト陣は非常に豪華である。ファブル役は岡田准一、ファブルの相棒ヨウコ役は木村文乃、ファブルを追う殺し屋・鈴木役は柳楽優弥、ファブルを雇う組織のボス・ボス役は佐藤浩市、ファブルの標的であるヤクザ・海藤役は安田顕が演じている。

映画の見どころは、何といっても岡田准一演じるファブルのアクションシーンである。ファブルは、格闘、銃撃、カーチェイスなど、様々なアクションシーンを披露する。岡田准一は、これらのアクションシーンをすべて自身で演じており、その身体能力の高さには驚かされる。

また、映画にはコメディ要素もふんだんに盛り込まれている。ファブルが一般人として生活を送ることに戸惑う姿や、ファブルとヨウコの掛け合いなど、思わず笑ってしまうシーンが満載である。

『ザ・ファブル』は、アクション、コメディ、サスペンスなど、様々な要素が詰まった娯楽作である。豪華キャスト陣による熱演と、南勝久による原作の面白さを存分に楽しめる作品である。

続編「ザ・ファブルThesecondcontact」への期待

続編「ザ・ファブルThesecondcontact」への期待

「ザ・ファブル」は、南勝久による日本の漫画作品で、2014年から2019年まで『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて連載された。2019年6月時点で累計発行部数は500万部を突破した。2021年に岡田准一主演で実写映画化された。

「ザ・ファブル」は、伝説の殺し屋「ファブル」が、組織から離れて普通の生活を送るべく奮闘する物語である。ファブルは、組織から抜けた後、「佐藤アキラ」という偽名を使い、大阪で一般人として生活を始める。しかし、ファブルの過去を知らない人々との生活は、ファブルにとって慣れないことだらけで、様々なトラブルに見舞われる。

ファブルは、普通の人として生活するために、自分の殺し屋の才能を封印し、普通のサラリーマンとして働き始める。しかし、ファブルの元同僚である殺し屋たちが、ファブルの居場所を知り、ファブルを抹殺するために大阪にやってくる。ファブルは、組織から離れた後も、殺し屋の過去から逃れることができず、組織の追っ手から逃れながら、普通の人として生活を続けなければならない。

「ザ・ファブル」は、アクション、コメディ、ヒューマンドラマが融合した作品で、読者や視聴者から高い評価を得ている。2021年の実写映画は、興行収入13億円を超えるヒット作となり、続編の製作も決定している。

「ザ・ファブルThesecondcontact」は、2023年6月9日に公開予定で、岡田准一が引き続きファブルを演じる。続編では、ファブルが組織の新たな刺客と対決することになる。ファブルは、組織から離れた後も、殺し屋の過去から逃れることができず、組織の追っ手から逃れながら、普通の人として生活を続けなければならない。

タイトルとURLをコピーしました