「アイ・アム・レジェンド」の魅力とその3つの考察

スポンサーリンク

「アイ・アム・レジェンド」の魅力とその3つの考察

アイ・アム・レジェンドとは。

「アイ・アム・レジェンド」は、2007年に公開されたアメリカ映画です。リチャード・マシスン氏の小説を原作としており、ウィル・スミス氏主演で制作されました。監督はフランシス・ローレンス氏が務め、アリシー・ブラガ氏やその他のキャストが出演しています。この映画は、「地球最後の男」(1964年)と「地球最後の男オメガマン」(1971年)に続く三度目の映画化作品となっています。

映画の舞台とストーリー

映画の舞台とストーリー

「アイ・アム・レジェンド」の舞台は、ウィル・スミス演じる主人公ロバート・ネビルの暮らす、荒廃したニューヨーク市です。かつては繁栄した街も、未知のウイルス感染により、ほとんどの人類が死に絶えてしまった後、荒れ果て、緑が生い茂っています。

ロバートは、この世界で唯一の生存者であり、彼は孤独に、そして絶望的に毎日を過ごしています。彼は、昼間は食料と物資を求めて街を歩き回り、夜になると、武装して自宅に立てこもり、襲ってくる感染者たちから身を守っています。

ある日、ロバートは、アナとエマという女性に出会います。彼女たちは、健康な人間が生存しているという噂を聞き、ロバートの家にたどり着いたのです。ロバートは、彼女たちを仲間として迎え入れ、3人で新しい生活を始めます。

ウィル・スミスの素晴らしい演技

ウィル・スミスの素晴らしい演技

「ウィル・スミス氏の素晴らしい演技」

「アイ・アム・レジェンド」は、ウィル・スミス氏の素晴らしい演技によって、より魅力的な作品となっています。スミス氏は、主人公ロバート・ネビル博士の絶望と孤独をリアルに表現しており、観客はネビル博士に共感し、彼の運命を気にせずにはいられません。

スミス氏は、ネビル博士の絶望を表現するために、表情や身振り手振りを巧みに使いこなしています。ネビル博士が、愛する人を失い、世界が崩壊していく様子を目の当たりにするシーンでは、スミス氏の表情は悲しみと絶望に満ちています。また、ネビル博士が、ゾンビに襲われるシーンでは、スミス氏の身振り手振りは、恐怖と必死さを表現しています。

スミス氏は、ネビル博士の孤独を表現するために、長い独白を効果的に用いています。ネビル博士が、愛する人の死を悼むシーンや、ゾンビに襲われるシーンでは、スミス氏の独白は、ネビル博士の心の内を余すところなく表現しています。スミス氏の独白は、観客にネビル博士の孤独を強烈に印象づけます。

スミス氏の素晴らしい演技によって、「アイ・アム・レジェンド」は、より魅力的な作品となっています。スミス氏の演技は、ネビル博士の絶望と孤独をリアルに表現しており、観客はネビル博士に共感し、彼の運命を気にせずにはいられません。

ラストシーンにおける衝撃的なメッセージ

ラストシーンにおける衝撃的なメッセージ

映画「アイ・アム・レジェンド」のラストシーンは、衝撃的なメッセージで締めくくられている。主人公ロバート・ネビル(ウィル・スミス)が、ついに吸血鬼の群れを倒し、人間を救う薬を完成させたとき、彼は吸血鬼のリーダーであるアルファ・メイル(クリストファー・ヨースト)と対峙する。ネビルはアルファ・メイルに「なぜこんなことをしたのか」と問うと、アルファ・メイルは「私たちは生き延びるためにやったんだ」と答える。

この言葉は、生き残るために手段を選ばないという吸血鬼たちの生き様を象徴している。彼らは、人間を襲い、血を吸うことでしか生き延びることができない。しかし、ネビルは吸血鬼たちを殺すことで人間を救うことができた。このことは、たとえどんなに困難な状況であっても、希望を捨てずに戦い続けることの大切さを教えてくれる。

また、このラストシーンは、人間と吸血鬼の間に共存の可能性があることを示唆している。ネビルは、アルファ・メイルに「なぜ人間と吸血鬼は共存できないのか」と問うと、アルファ・メイルは「それは人間のせいだ」と答える。この言葉は、人間が吸血鬼を差別し、迫害してきたことが、共存を不可能にしていることを示唆している。しかし、ネビルは吸血鬼たちを殺すことで、人間と吸血鬼の共存の可能性を示した。このことは、たとえどんなに敵対している者同士であっても、対話と理解によって共存することができることを教えてくれる。

「アイ・アム・レジェンド」のラストシーンは、衝撃的なメッセージで締めくくられているが、それは同時に希望と共存の可能性を示唆している。このラストシーンは、私たちに生きることの大切さ、希望を捨てずに戦い続けることの大切さ、そしてたとえどんなに敵対している者同士であっても、対話と理解によって共存することができることを教えてくれる。

タイトルとURLをコピーしました