ムンクの「病める少女」の魅力とは?

スポンサーリンク

ムンクの「病める少女」の魅力とは?

病める少女とは。

「病める少女」は、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1885年から1886年にかけて描いた絵画です。原題は《Detsykebarn》で、「病める子供」とも呼ばれます。

この絵は、病床に横たわる娘の手を握る母親の姿を描いています。ムンクの初期の代表作の一つであり、同じ画題の絵画が複数存在します。

現在、この絵はオスロ国立博物館に所蔵されています。

タイトルとURLをコピーしました