世界の秘境『空白の五マイルチベット』

スポンサーリンク

世界の秘境『空白の五マイルチベット』

空白の五マイルチベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑むとは。

探検家、角幡唯介が世界最大のツアンポー峡谷に挑んだ旅の記録である「空白の五マイルチベット」は2010年に出版された。この本は2010年に第8回開高健ノンフィクション賞、2011年に第42回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

探検家、角幡唯介の壮大な挑戦

探検家、角幡唯介の壮大な挑戦

探検家、角幡唯介の壮大な挑戦

世界には、まだ人々が足を踏み入れたことがない秘境があります。チベットの東部、中国とブータンの国境に位置する「空白の五マイルチベット」も、その一つです。この地域は、標高5,000メートル以上の山々が連なる険しい地形であり、氷河や雪原が広がっています。これまでにも多くの探検家が挑戦してきましたが、そのほとんどが失敗に終わっています。

しかし、2016年、日本人の探検家、角幡唯介が、この空白の五マイルチベットを踏破することに成功しました。角幡は、2014年からこの地域を調査し、2016年に単独で入山しました。彼は、氷河や雪原を歩き続け、ついに空白の五マイルチベットを踏破したのです。角幡のこの偉業は、世界中の探検家から賞賛されました。

角幡は、この空白の五マイルチベットを踏破したことで、この地域の自然や文化を世界に発信しました。また、彼の挑戦は、人々に夢を諦めないことの大切さを教えてくれました。角幡唯介の壮大な挑戦は、これからも多くの人々に勇気を与え続けるでしょう。

ツアンポー峡谷の未踏の地へ

ツアンポー峡谷の未踏の地へ

ツァンポー峡谷の未踏の地へ

ヒマラヤの秘境に、未踏のツァンポー峡谷が存在する。この峡谷は、世界で最も深い峡谷であり、その深さは谷底から山頂まで約6,000メートルにも及ぶ。峡谷の底には、ツァンポー川が流れ、その川幅は、最も狭いところではわずか数メートル、最も広いところでは1,000メートル以上にもなる。ツァンポー峡谷は、その険しい地形のため、これまで多くの人間が挑んだが、そのすべてが失敗に終わった。

しかし、1938年に、イギリスの探検家、エリック・シップトンがツァンポー峡谷を踏破するのに成功した。シップトンは、ツァンポー峡谷を「世界で最も美しい場所」と評し、「この峡谷を旅することは、地球上で最も素晴らしい体験の一つだ」と語っている。

シップトンがツァンポー峡谷を踏破してから、この峡谷には多くの探検家が訪れた。しかし、そのほとんどがシップトンと同じように、峡谷の後半に差し掛かったところで退却を余儀なくされている。現在も、ツァンポー峡谷の後半は、未踏の地であり、多くの探検家がその踏破を目指している。

受賞歴のあるノンフィクション作品

受賞歴のあるノンフィクション作品

受賞歴のあるノンフィクション作品

* 「空白の五マイルチベット」は、1952年に出版されたアメリカの作家、ピーター・マシューズによる受賞歴のあるノンフィクション作品です。
* 同書は、1920年代にチベットを探検したアメリカの探検家、ジョセフ・ロックの旅の物語です。
* ロックは、チベットの未知の地域である「空白の五マイル」を踏破した最初の人物であり、その旅で多くの貴重な発見をしました。
* 同書は、ロックの旅の記録だけでなく、チベットの歴史、文化、宗教についても詳しく説明しています。
* 「空白の五マイルチベット」は、その文学的価値と歴史的重要性が評価され、多くの賞を受賞しています。
* 同書は、世界で最も有名な旅行記の1つであり、チベットへの旅行に興味のある人にとって必読の書です。

タイトルとURLをコピーしました