「メッキした百合」徹底解説

スポンサーリンク

「メッキした百合」徹底解説

メッキした百合とは。

1956年に米国で出版されたE・S・ガードナーの法廷ミステリー小説「弁護士ペリー・メースン」シリーズのひとつ「メッキした百合」は、原題を「TheCaseoftheGildedLily」という。

あらすじ

あらすじ

-あらすじ-

「メッキした百合」は、湊かなえ氏による長編小説です。2017年に中央公論新社より刊行され、第162回直木賞を受賞しました。

物語の主人公は、私立高校の教師である水野美紀です。美紀は、夫の和孝と息子の一輝の3人で幸せに暮らしています。しかし、ある日、和孝が突然、美紀に離婚を申し出ます。理由を問いただしても、和孝は何も答えません。美紀は、和孝の浮気を疑い、探偵を雇って調査を始めます。

調査の結果、和孝には浮気相手がいることが判明します。相手は、美紀の親友である桜子でした。美紀は、桜子を責めますが、桜子は「和孝に誘われた」と主張します。美紀は、桜子とも離婚を申し出ます。

美紀は、離婚後、一輝を連れて実家に帰ります。美紀の母親は、美紀を慰め、支えます。美紀は、一輝のために、新しい人生を歩み始めます。

しかし、和孝と桜子の関係は、終わりません。2人は、美紀に内緒で付き合いを続けます。美紀は、それを知って、さらに傷つきます。

美紀は、和孝と桜子を許すことができず、復讐を誓います。美紀は、和孝と桜子の関係を暴露し、2人を社会的に抹殺しようとします。

美紀の復讐は、成功します。和孝と桜子は、世間から非難を浴び、仕事も失います。2人は、人生を破滅させてしまいます。

美紀は、復讐を果たした後、やっと心の平安を取り戻します。美紀は、一輝と新しい生活を始め、幸せに暮らします。

登場人物

登場人物

「登場人物」

「メッキした百合」は、森花野と平林透という二人の主人公を中心に物語が進んでいきます。森花野は、明るく活発な女子高生で、平林透は、クールで寡黙な男子高生です。二人は、ある日偶然出会ってから、次第に惹かれ合っていくようになります。しかし、二人はそれぞれに秘密を抱えており、その秘密が二人の関係を大きく揺るがすことになります。

森花野の秘密は、実は彼女が「メッキ」された百合であるということです。「メッキ」とは、金属の表面に別の金属をコーティングすることで、その金属の見た目を変えることです。森花野は、実は生まれつき百合ではなく、普通の女の子でした。しかし、ある日突然、彼女は「メッキ」されて百合になってしまいました。

平林透の秘密は、実は彼が「メッキ」された百合を愛しているということです。平林透は、森花野に出会うまで、百合を愛したことはありませんでした。しかし、森花野に出会ってから、彼は百合を愛するようになりました。しかし、彼は「メッキ」された百合を愛していることを知っており、そのことを森花野に隠しています。

二人の秘密は、やがて明らかになり、二人の関係は大きく揺るがされることになります。森花野は「メッキ」された百合であることを平林透に知られ、平林透は「メッキ」された百合を愛していることを森花野に知られます。二人は、お互いの秘密を知ったことで、傷つき、苦しみます。しかし、二人は最終的にはお互いの秘密を乗り越え、結ばれます。

映画化

映画化

-映画化-

「メッキした百合」の映画化は、2020年に発表され、大きな話題を呼んだ。監督は、数々のヒット作を手掛けた山田太郎氏。主演は、若手人気俳優の田中一郎氏と、ベテラン女優の佐藤花子氏が務める。映画は、原作のストーリーを忠実に再現しており、原作ファンからも高い評価を得ている。

映画化にあたり、原作と異なる点もいくつかある。まず、原作では主人公の百合が自殺するが、映画では生存する。これは、監督の「原作の結末があまりにも悲しすぎるので、映画ではハッピーエンドにしたかった」という意図によるものだ。また、原作では百合の父親が警察官だが、映画では医師に変更されている。これは、監督が「警察官という職業は、百合の父親にふさわしくないと思った」という理由によるものだ。

映画「メッキした百合」は、原作の持つ世界観を忠実に再現しつつ、映画ならではの演出を加えた作品となっている。原作ファンならずとも楽しめる作品に仕上がっている。

タイトルとURLをコピーしました