牝牛は鈴を鳴らす:謎解きとユーモアが詰まった小説

スポンサーリンク

牝牛は鈴を鳴らす:謎解きとユーモアが詰まった小説

牝牛は鈴を鳴らすとは。

米国の作家E・S・ガードナーが1950年に発表したミステリー小説『牝牛は鈴を鳴らす』は、原題を『The Case of the Musical Cow』といいます。

あらすじ:牧場で起きた奇妙な事件

あらすじ:牧場で起きた奇妙な事件

あらすじ牧場で起きた奇妙な事件

ある日、牧場主のジョージは、牧場の牛たちが突然鈴を鳴らし始めたことに気がつきました。最初は、牛たちが何かを怖がっているのかと思いましたが、そうではありませんでした。牛たちはただ、鈴を鳴らして楽しんでいるようでした。ジョージは不思議に思い、牛たちに鈴を鳴らすのをやめさせようとしましたが、牛たちは一向に言うことを聞きません。

そのうち、牧場には鈴の音を求めて人々が集まり始めました。人々は牛たちを眺めては、その可愛らしさに笑っていました。ジョージは、牛たちが人々を喜ばせていることを知り、鈴を鳴らすのをやめさせるのを諦めました。

ある日、ジョージは牛たちと一緒に鈴を鳴らして遊んでいると、牛の群れの中に一匹の不思議な牛がいることに気がつきました。その牛は、他の牛たちとは違って、鈴を鳴らしていませんでした。ジョージは不思議に思い、その牛に近づいてみました。

すると、その牛はジョージに向かってこう言いました。「僕は鈴を鳴らさないよ。だって、僕は鈴を鳴らすのが嫌いなんだ。」ジョージは驚きましたが、牛の言うことに納得しました。ジョージは牛に、「鈴を鳴らさなくてもいいよ。僕は君が鈴を鳴らさなくても好きだよ。」と言いました。

すると、牛はジョージに向かって微笑みかけて、「ありがとう。僕は君が好きだよ。」と言いました。ジョージと牛は、その日からずっと仲良くなりました。

登場人物:個性豊かなキャラクターたち

登場人物:個性豊かなキャラクターたち

「登場人物個性豊かなキャラクターたち」

 この小説には、それぞれがユニークな背景と個性を持った、魅力的なキャラクターが登場します。主人公のサラは、好奇心旺盛で冒険好きな女性で、謎を解くことに情熱を注いでいます。彼女の親友のメアリーは、落ち着きがあり地に足の着いた女性で、常にサラの冒険に巻き込まれています。そして、謎めいた紳士であるジェームズ・ブラウンは、サラの興味をそそり、二人の間に複雑な関係が生まれていきます。

 さらに、この小説には、サラとメアリーの両親、地元の警察官、村のゴシップ好きのおばさんなど、個性的で忘れられないキャラクターが登場します。それぞれのキャラクターが物語に命を吹き込み、読者は彼らの行動や会話に惹き込まれていきます。

タイトルとURLをコピーしました