「B・B」の魅力とおすすめエピソード

スポンサーリンク

「B・B」の魅力とおすすめエピソード

B・Bとは。

B・Bは、石渡治が描いた漫画作品です。高校ボクシングから、マフィアの世界、傭兵を経て、世界を舞台に戦うボクシング漫画です。1985年の週刊少年サンデー第24号から1991年の第9号まで連載されました。小学館少年サンデーコミックス全31巻が発行され、第34回(1988年度)小学館漫画賞少年部門を受賞しています。

主人公・藤巻一平の魅力

主人公・藤巻一平の魅力

主人公・藤巻一平の魅力

「B・B」の主人公、藤巻一平は、24歳のフリーターで、仕事や生活に迷いを感じている青年です。彼は、大学卒業後、大手企業に就職するも、すぐに退職し、現在はアルバイトで生活しています。一平は、何事にも真剣になれず、人生の目標も定まっていません。しかし、彼は、純粋で優しい性格で、周りの人々から愛されています。

一平の魅力は、彼の等身大の姿にあると言えるでしょう。彼は、現代の多くの若者と同じように、仕事や生活に悩み、将来に不安を感じています。しかし、彼は、決して諦めず、前向きに生きようと努力しています。そんな一平の姿に、多くの視聴者が共感を抱き、応援したくなります。

また、一平は、非常に優しい性格をしています。彼は、自分が困っている時でも、周りの人のことを気遣い、助けようとします。例えば、第1話では、アルバイト先で知り合ったホームレスの男性を家に泊め、世話をします。また、第5話では、職場の先輩が失恋した時、一平は彼を励まそうと、一緒に飲みに行きます。

一平の優しさは、彼の周りの人々を幸せにします。そして、彼の幸せそうな姿を見ることで、視聴者も幸せな気持ちになります。それが、「B・B」の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

血沸き肉躍るボクシングシーン

血沸き肉躍るボクシングシーン

「B・B」は、熱いボクシングシーンが魅力の漫画です。一歩のパンチが炸裂する爽快感はもちろん、戦いの駆け引きや心理戦も見どころです。

特に、一歩と宮田一郎の試合は、ボクシング漫画史に残る名勝負として知られています。一歩が、宮田の得意技であるカウンターをかわし、ダウンを奪うシーンは、何度見ても色褪せない名場面です。

また、一歩と間柴久美の試合も、手に汗握る展開が続きます。一歩は、間柴の強烈なフックを食らい、劣勢に立たされます。しかし、一歩は諦めずに反撃し、最後は渾身のストレートで間柴をKOします。

「B・B」には、他にも多くの名勝負があります。一歩が、世界チャンピオンである鷹村守とスパーリングするシーンや、一歩が、デンプシー・ロールを駆使して世界チャンピオンの ألفريدو・ゴンザレスをKOするシーンなどは、必見です。

「B・B」のボクシングシーンは、どれも血沸き肉躍るものばかりです。ボクシングファンなら、ぜひ一度読んでみてください。

マフィアの世界や傭兵の世界も描かれる

マフィアの世界や傭兵の世界も描かれる

「B・B」の魅力とおすすめエピソード

「B・B」は、原哲夫と長谷川裕一のコンビが手がけたハードボイルドアクション漫画です。主人公は、元傭兵の黒沢健一と、元マフィアのボスであるベニー・ブライアントの二人。二人は、偶然出会ったことから、次第に親交を深めていきます。そして、やがて二人は、巨大な犯罪組織に立ち向かうことになります。

「B・B」の魅力は、なんといっても黒沢とベニーの二人のかっこよさです。黒沢は、冷徹な元傭兵でありながら、どこか人間味のあるキャラクター。一方のベニーは、マフィアの世界で生き抜いてきた強者でありながら、義理堅い一面もあります。二人のコンビネーションは抜群で、読者を魅了してやみません。

また、「B・B」の魅力は、そのハードボイルドな世界観にあります。物語は、マフィアの世界や傭兵の世界を舞台に展開されており、次から次へと緊迫したシーンが続きます。特に、黒沢とベニーが巨大な犯罪組織と対決するクライマックスは、手に汗握る展開です。

「B・B」のおすすめエピソードは、なんといっても「復讐の銃弾」編です。このエピソードでは、黒沢とベニーが、恩人の死の真相を突き止め、復讐を果たすために奮闘します。二人の熱い友情と、敵に立ち向かう姿は、読者の心を打つこと間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました