松田聖子「風は秋色」の魅力

スポンサーリンク

松田聖子「風は秋色」の魅力

風は秋色とは。

「風は秋色」は、1980年に発売された日本のポピュラー音楽です。女性歌手、松田聖子が歌っており、作詞は三浦徳子、作曲は小田裕一郎が担当しました。

松田聖子とは

松田聖子とは

松田聖子とは、1980年代に一世を風靡した日本の女性歌手である。1962年3月10日、福岡県久留米市に生まれ、5歳の頃からクラシックピアノを習い始める。1978年に「裸足の季節」で歌手デビューを果たし、瞬く間にスターダムにのし上がった。1980年には「青い珊瑚礁」がミリオンセラーを記録し、以降「チェリーブラッサム」「夏の扉」「赤いスイートピー」など数々のヒット曲を連発。1985年には、日本人女性歌手として初めて東京ドームでコンサートを開催するなど、その人気は絶頂期を迎えた。

松田聖子の魅力は、その可憐な容姿と、透き通るような歌声にある。また、彼女が歌う楽曲は、どれもキャッチーで覚えやすいメロディーが特徴的である。さらに、松田聖子は常に時代の最先端を行くファッションを身にまとい、そのファッショナブルな姿も多くの女性から支持を集めた。

松田聖子は、1985年に神田正輝と結婚。1986年に長女を出産するが、1996年に離婚。その後、2001年に歯科医師の河奈裕正と再婚し、2005年に次女を出産している。

松田聖子は現在も歌手活動を続けており、2022年にはデビュー45周年を迎えた。近年では、テレビドラマやバラエティ番組への出演、さらには女優業にも挑戦するなど、幅広く活躍している。

「風は秋色」の歌詞について

「風は秋色」の歌詞について

「風は秋色」の歌詞は、そのタイトルの通り、秋をテーマにしたものとなっています。松田聖子の代表曲である「青い珊瑚礁」「夏の扉」の作詞を手がけた松本隆の作詞のみならず、ユーミンの愛称で知られる松任谷由実が作曲を担当した楽曲です。1981年9月23日に、5枚目のシングルレコードとしてリリースされました。

歌詞は、秋という季節の移り変わりを繊細に表現しています。「風は秋色」というフレーズから始まり、秋風の冷たいこと、夏の終わりを感じること、そして夏の恋の終わりがイメージできます。続くサビの「頬をつたう 秋風のように 私の涙が」という歌詞では、夏の恋の終わりと共に涙を流すという、乙女の純粋な気持ちが表現されていると言えるでしょう。

また、2番の「木枯らしのなか 揺れる木々よ 私の心も揺れているの」という歌詞では、木枯らしの吹く中で揺れる木々と自分の心を重ね合わせている様子が伺えます。木枯らしが吹くという変化の激しい秋という季節は、人間の心にも変化をもたらすということを表現しています。

「風は秋色」の歌詞は、秋という季節の移り変わりを繊細に表現し、その中で恋の終わりを経験する女性の心情を描いています。時代を超えて愛され続ける名曲であり、松田聖子の中でも屈指の名曲と言えるでしょう。

「風は秋色」の作曲について

「風は秋色」の作曲について

風は秋色」の作曲は松田聖子本人が行ったものであり、彼女にとって初の作曲作品でした。松田聖子はもともと作詞に興味を持っていたが、作曲は未経験だったため、この曲は彼女の才能の新たな一面を披露したものでした。また、この曲の作詞は松本隆氏が担当し、松田聖子と松本隆氏の黄金コンビによる作品として注目を集めました。松田聖子の透き通った歌声と松本隆氏の繊細な歌詞、そして松田聖子自身の作曲によるメロディーが三位一体となり、この曲は彼女を代表する名曲の一つとされています。

タイトルとURLをコピーしました