ステイン・アライブの魅力

スポンサーリンク

ステイン・アライブの魅力

ステイン・アライブとは。

ステイン・アライブは、アメリカで1983年に制作された映画です。原題は《Staying Alive》です。『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)の続編で、監督はシルベスター・スタローン、主演はジョン・トラボルタ、シンシア・ローズ、フィノラ・ヒューズです。

あらすじ

あらすじ

ステイン・アライブとは、2009年に公開されたサバイバルホラー映画である。高校生がゾンビに襲われるという、ありがちなあらすじではあるが、その展開が注目を集めた。

主人公の女子高生サラは、成績優秀で容姿端麗、スポーツ万能の典型的な優等生。ある日、サラは友人のジェニファーと学校から帰途につく途中、謎のウイルスに感染した人間に襲われる。ジェニファーは感染してしまい、サラは命からがら逃げ出す。

サラは、感染者から逃れながら、生き延びる方法を模索する。やがて、サラは、感染者と戦うための武器やスキルを身につけていく。そして、サラは、感染者の巣窟となった街で、生き残った人々と出会い、協力して生き延びることを決意する。

サラたちは、感染者と戦いながら、街から脱出することを目指す。しかし、感染者の数は多く、サラたちは次々と仲間を失っていく。そして、ついに、サラは、感染者との最終決戦に挑むことになる。

登場人物

登場人物

登場人物

ステイン・アライブの登場人物は、学生の視点から見た幅広い個性豊かなキャラクターたちです。主要登場人物は、主人公の高校生ヒロキと、彼の同級生であるトモヤ、ユウキ、ミオの4人です。ヒロキは、純粋で心優しい少年で、正義感に溢れています。トモヤは、ヒロキの親友で、明るくムードメーカー的な存在です。ユウキは、ヒロキのクラスの委員長で、真面目で責任感の強い少年です。ミオは、ヒロキの幼馴染で、元気いっぱいで少しお転婆な少女です。

この4人を中心に、ヒロキの家族や友人、教師など、様々なキャラクターが登場します。それぞれのキャラクターには、独自の個性や背景があり、物語に深みを与えています。また、ヒロキたちが暮らす街には、様々な謎や秘密が隠されており、それらを解き明かす過程で、ヒロキたちは成長していきます。

ステイン・アライブの登場人物たちは、個性豊かで魅力的なキャラクターばかりです。彼らの活躍や成長を追いながら、読者は物語の世界に引き込まれていくことでしょう。

メッセージ

メッセージ

-メッセージ-

ステイン・アライブのメッセージは、人生には意味があり、どんなに困難な状況に陥っても、希望を捨ててはいけないというものだ。主人公のマーク・ワトニーは、火星に取り残され、まったく孤独になり、生存の可能性はほとんどないと考えられていたにもかかわらず、最後まで希望を持ち続けた。彼は自分の知識と技能を駆使し、火星で生き残るために必要なものを作り出し、ついに救助が来るまで持ちこたえた。マーク・ワトニーの物語は、私たちの人生がどれほど困難に見えたとしても、決して希望を捨ててはいけないことを教えてくれる。

ステイン・アライブのメッセージは、宇宙開発の重要性についても語っている。マーク・ワトニーは、火星にたった一人で取り残された時、他の惑星に住むことの重要性を思い知る。彼は、地球がいつか滅びる可能性があり、人類が生き残るためには他の惑星に進出する必要があることを悟る。ステイン・アライブは、宇宙開発の重要性と、人類の未来の可能性について考えさせる映画である。

タイトルとURLをコピーしました