ギンギラギンにさりげなくイントロに隠れたコード進行の魅力

スポンサーリンク

ギンギラギンにさりげなくイントロに隠れたコード進行の魅力

ギンギラギンにさりげなくとは。

「ギンギラギンにさりげなく」とは、近藤真彦が1981年に発表した日本のポピュラー音楽である。作詞は伊達歩、作曲は筒美京平。この曲は、第14回日本有線大賞最優秀新人賞と第23回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。

イントロのコード進行の解説

イントロのコード進行の解説

イントロのコード進行の解説

ギンギラギンにさりげなくのイントロは、非常に印象的なコード進行を使用しています。このコード進行は、Cメジャー、Gメジャー、Am、Fメジャーという4つのコードで構成されています。このコード進行は、非常にシンプルでありながら、とても効果的です。CメジャーとGメジャーは、メジャーコードであり、明るい響きを持っています。AmとFメジャーは、マイナーコードであり、暗い響きを持っています。この明るいコードと暗いコードの対比が、イントロに独特の雰囲気を与えています。

また、このコード進行は、非常にテンポよく進行します。これにより、イントロにスピード感と躍動感が生まれています。このテンポの速さとコード進行のシンプルさの組み合わせにより、イントロは非常に耳に残りやすいものとなっています。

このコード進行は、ギンギラギンにさりげなくのイントロだけでなく、他の多くの曲でも使用されています。例えば、ビートルズの「Help!」や、クイーンの「Bohemian Rhapsody」などです。このコード進行は、非常に汎用性が高く、様々な曲で使用することができます。

コード進行がもたらす効果

コード進行がもたらす効果

コード進行がもたらす効果

コード進行は、単にコードが順番に並んでいるだけでは意味を成しません。コード同士の関係によって、さまざまな効果が生み出されます。

・コード進行による楽曲の印象の変化

コード進行は、楽曲の雰囲気や印象を大きく変えることができます。例えば、明るいコード進行は、明るく元気な雰囲気を、悲しいコード進行は、悲しく切ない雰囲気を作り出します。

・コード進行による楽曲の展開

コード進行は、楽曲の展開にも重要な役割を果たします。例えば、サビに行く前のコード進行は、サビへの期待感を高める効果があります。また、ブリッジのコード進行は、楽曲に変化をつけ、マンネリ化を防ぐ効果があります。

・コード進行による楽曲のグルーブ感

コード進行は、楽曲のグルーブ感にも影響を与えます。例えば、速いテンポの曲であれば、コード進行も速く、力強いグルーブ感になります。逆に、遅いテンポの曲であれば、コード進行も遅く、ゆったりとしたグルーブ感になります。

コード進行は、楽曲の雰囲気や印象、展開、グルーブ感に影響を与える重要な要素です。コード進行を理解し、使いこなすことで、より音楽的な楽曲を作ることができます。

この曲におけるコード進行の意味

この曲におけるコード進行の意味

この曲におけるコード進行の意味

ギンギラギンにさりげなくのコード進行は、非常に特徴的です。イントロ部分のコード進行は、Dm7-G7-Cmaj7-Fmaj7という進行です。このコード進行は、Dm7という暗いコードから始まり、G7という明るいコードに進行します。そして、Cmaj7という明るいコードに進行し、Fmaj7という暗いコードに進行します。このコード進行は、明暗のコントラストが強く、曲のイントロにふさわしいインパクトのあるコード進行となっています。

また、このコード進行は、曲の主人公の心情を表していると言われています。Dm7という暗いコードは、主人公の悩みや苦しみを表しています。G7という明るいコードは、主人公の希望や夢を表しています。Cmaj7という明るいコードは、主人公の喜びや幸せを表しています。Fmaj7という暗いコードは、主人公の不安や焦りなどを表しています。このコード進行は、主人公の心情をうまく表現しており、曲のストーリー性を高めています。

タイトルとURLをコピーしました