絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」の魅力

スポンサーリンク

絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」の魅力

ものすごくおおきなプリンのうえでとは。

「ものすごくおおきなプリンのうえで」は、二宮由紀子さんと中新井純子さんが書いた絵本で、2010年に出版されました。出版年の同年、日本絵本賞の大賞も受賞しました。

個性的なキャラクター

個性的なキャラクター

絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」の魅力は、なんといっても個性的なキャラクターたちです。主人公の男の子「はる」は、プリンが大好きで、いつもプリンのことばかり考えています。ある日、はるは巨大なプリンの上に座っているウサギに出会います。このウサギは「ぷりんどうぶつ」と呼ばれていて、プリンを食べて大きくなったウサギです。ぷりんどうぶつは、はるにプリンの国の話を聞かせ、はるはプリンの国に行くことを決意します。

プリンの国には、たくさんの個性的なキャラクターたちが住んでいます。プリンの王様は、プリンの王冠をかぶった大きなウサギです。プリンの女王様は、プリンのドレスを着た美しいウサギです。プリン大臣は、プリンの杖を持を持った賢いウサギです。プリンの騎士は、プリンの鎧を着た強いウサギです。プリンの魔法使いは、プリンの魔法の杖で魔法をかけることができます。

これらのキャラクターたちは、それぞれがユニークで魅力的な性格を持っています。プリン王様は、とても優しい王様で、はるを温かく迎え入れてくれます。プリン女王様は、とても美しい女王様で、はるにプリンの国のことを教えてくれます。プリン大臣は、とても賢い大臣で、はるにプリン国の歴史を教えてくれます。プリン騎士は、とても強い騎士で、はるをプリンの国を守ってくれます。プリンの魔法使いは、とても魔法が得意で、はるにプリンの国の不思議を教えてくれます。

絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」は、個性的なキャラクターたちが織りなす物語です。これらのキャラクターたちは、子どもたちに夢と希望を与えてくれます。

色彩豊かでおしゃれなイラスト

色彩豊かでおしゃれなイラスト

絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」は、その名の通り、ものすごくおおきなプリンの上に住む女の子・プリンちゃんの物語です。この絵本は、その色彩豊かでおしゃれなイラストが特徴的です。

作者のtupera tuperaさんは、色とりどりのクレヨンや絵の具を使って、プリンちゃんの世界を生き生きと表現しています。プリンちゃんの住むプリンの上には、カラフルな花や木々が生い茂り、空には虹がかかっています。また、プリンちゃんやその友達の動物たちも、それぞれが個性的な色使いで描かれています。

この絵本のイラストは、子どもたちの興味をそそるだけでなく、大人の目にもとても魅力的です。tupera tuperaさんが得意とする切り紙の技法も駆使されており、絵本をめくるたびに新しい発見があるのもこの絵本の魅力です。

「ものすごくおおきなプリンのうえで」は、その色彩豊かでおしゃれなイラストによって、子どもたちに夢の世界を提供してくれる絵本です。この絵本を読めば、きっと誰もがプリンちゃんの世界に魅了されるでしょう。

ユーモラスでテンポの良いストーリー

ユーモラスでテンポの良いストーリー

絵本「ものすごくおおきなプリンのうえで」の魅力は、何といってもユーモラスでテンポの良いストーリーです。主人公の男の子が、ものすごくおおきなプリンの上で様々な冒険を繰り広げるという、なんともユニークな物語です。この物語は、子どもたちの想像力をかき立て、夢中になって読み進めてしまいます。また、お話のテンポもよく、ページをめくる手が止まりません。作者の西巻謙作氏の軽快な文章と、可愛らしい絵柄が相まって、絵本の世界に引き込まれていきます。

タイトルとURLをコピーしました