山形県民謡「あがらしゃれ」の魅力

スポンサーリンク

山形県民謡「あがらしゃれ」の魅力

あがらしゃれとは。

山形県最上郡真室川町周辺で、来客に酒を勧める時に歌われる民謡が「あがらしゃれ」です。これは「召し上がれ」を方言にした呼びかけの言葉です。

「あがらしゃれ」の歴史と起源

「あがらしゃれ」の歴史と起源

「あがらしゃれ」の歴史と起源

山形県民謡「あがらしゃれ」は、山形県の民謡の中でも代表的な民謡の一つであり、全国的にも知名度が高い。その起源は江戸時代後期にさかのぼり、元々は山形県最上地方に端を発した農作業唄の一種であった。農作業の合間に歌い踊ることで、作業の疲れを癒したり、作業の効率を上げたりする目的があったとされる。その後、この唄は山形県内各地に広がり、現在では山形県の民謡として親しまれている。

「あがらしゃれ」というタイトルは、「上がれ」という言葉を方言化したもので、農作業の際に農作物を収穫する際に、農作物を収穫するために山の斜面を上るという意味がある。また、農作業の合間に休憩を取るという意味もある。

「あがらしゃれ」の歌詞は、山形県の自然や風土を題材にしたものが多く、農民の生活や情景が描かれている。また、恋愛を題材にした歌詞も多く、農民の恋愛観や憧れを表現している。

「あがらしゃれ」のメロディーは、素朴で親しみやすいものが多い。また、リズムは速く、軽快感がある。そのため、踊りながら歌うことも多い。

「あがらしゃれ」の歌詞と解説

「あがらしゃれ」の歌詞と解説

「あがらしゃれ」の歌詞と解説

「あがらしゃれ」の歌詞は、山形県の自然の美しさや人々の生活を歌ったもので、民謡独特の口語的な表現が特徴です。歌詞の大部分は7・5・7・5のリズムで構成されており、民謡らしい軽快なテンポ感が特徴です。

1番の歌詞では、山形県の豊かな自然を歌っています。「蔵王(ざおう)の雪解けはらんらんと」「最上(もがみ)の流れはさらさらと」と、蔵王山の雪解け水や最上川の清流を表現しています。

2番の歌詞では、山形県の民謡を歌っています。「民謡唄うは花笠音頭」「長持(ながもち)唄えばどんじょめ節」と、山形県を代表する民謡である「花笠音頭」や「長持唄」を挙げています。

3番の歌詞では、山形県の人の優しさを歌っています。「山形の人は心やさし」「おらほの村は住み心地」と、山形県の人々の温かさと村の住みやすさを表現しています。

4番の歌詞では、山形県の四季の美しさを歌っています。「春は花咲くさくらさくら」「夏は鳥歌うピヨピヨピヨ」と、春の桜の美しさや夏の鳥のさえずりを表現しています。

「あがらしゃれ」は、山形県の自然の美しさ、人々の生活、民謡の豊かさなど、山形県の魅力を歌った民謡です。歌詞に込められた心情を理解することで、より一層「あがらしゃれ」の魅力を感じることができるでしょう。

「あがらしゃれ」が愛される理由

「あがらしゃれ」が愛される理由

「あがらしゃれ」が愛される理由

「あがらしゃれ」は、山形県民謡の中で最も有名な曲のひとつである。その人気の理由としては、まず、そのメロディーの美しさがあげられる。曲は、ゆったりとしたテンポで、哀愁のあるメロディーが特徴的である。歌詞は、山形県の美しい自然や人々を歌ったもので、とても素朴で温かい。また、「あがらしゃれ」は、踊りやすい曲であることも人気の理由のひとつである。踊りは、男女が向かい合って踊るシンプルなもので、誰でも簡単に踊ることができる。そのため、盆踊りや夏祭りなどのイベントでよく踊られている。

さらに、「あがらしゃれ」は、山形県の郷土愛を育む曲としても親しまれている。歌詞には、山形県の美しい自然や人々を歌ったフレーズがたくさん登場する。また、曲は、山形県の民謡であり、県民にとっては特別な意味を持っている。そのため、山形県民は、この曲を歌うことで、郷土愛を育んだり、県民としての誇りを抱いたりしている。

タイトルとURLをコピーしました